スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:トナリ

2011年04月14日 11:30

麺道:トナリ


午前の門前仲町の仕事を終えて、
このあたりで昼食をとることに。

まだ時計は11時を少し過ぎたところ。
それならば少し足を伸ばして
気になる店へと向かった。

20110414tonari02.jpg
開店は11時半。
開店10分前に到着したものの
すでに待ち客が5人並んでいた。

ここトナリはタンギョウ(たんめんと餃子)・
タンカラ(たんめんと唐揚げ)で知られている。
店内のメニューにもタンギョウし書いてある程。

開店直前には気づけば小雨にもかかわらず
20人くらいに列が伸びていた。

待っている間に注文を取りに来たが、
口々にタンギョウやらタンカラと
オーダーする常連たちばかり。

20110414tonari03.jpg
店の外からも使っている麺は
浅草開花亭のものとわかる。
開花亭の麺といえば、
コシがあって好みのタイプ
待ちながらタンカラを頼みつつ
自然と期待が募った。

さて、店内はウナギの寝床のように
奧に長くカウンターのみ。
厨房は男性二人が切り盛りしていて、
息のあった調理の様子が心地いい。

20110414tonari02.jpg
待つことしばし。
先に唐揚げが供されたが、
これがなかなかのひと品。

20110414tonari07.jpg
20110414tonari06.jpg
かなり大ぶりな固まりながら
中までよく火が通っていている。
香辛料が効いたサクサクの衣で
肉汁と相まって美味しい。

20110414tonari05.jpg
供せられたたんめんは野菜たっぷり。

20110414tonari04.jpg
スープは想像していたものと異なり、
やや濁っている。
一口飲んでみるとなるほど
動物系のダシがベースとなっている。
このすっきりとした仕上がりは、
豚骨だけではなくて
鶏がらを合わせたものかもしれない。
旨味が強く後を引く仕上がりで、
たんめんの域を超えている。

麺はもちろんコシが強く
かなり太めのストレート麺で
食べ応え十分。

全体として満足度の高い一杯であった。
機会をみつけてまた訪れたい一軒である。


ご馳走様!


トナリ 中華麺 / 東陽町駅木場駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/552-73a22fef
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。