スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対価で得られるもの

2010年10月19日 19:00

今宵は、社外の方を接待。

条件は以下の通り。
・個室でゆっくりと語り合えること
・東京駅のそばであること
・高級感がある店であること
・料金は一人あたり一万円前後

101019chikushirou01.jpg
101019chikushirou02.jpg
いろいろと検討した結果、
丸ビルの中華料理店をチョイスした。

奥まったところにある個室に通される。
これならばゆっくりと話が出来る環境である。


101019chikushirou03.jpg
101019chikushirou04.jpg
まずは、前菜の盛り合わせからスタート。


101019chikushirou05.jpg
芝エビとキノコの炒め物は、
やや塩味が強めであるが
紹興酒との相性がいい。


101019chikushirou06.jpg
北京ダックは皮のパリパリ感が堪らない。


101019chikushirou07.jpg
いよいよ、メインのフカヒレである。
醤油味に煮込まれ、
トロトロの食感は贅の極み。


味の淡泊な食材を食べると思うのだが、
料理とは味もさることながら、
食感も大切だと思い知らされる。


101019chikushirou09.jpg
杏仁豆腐は杏仁独特の風味を抑え、
柔らかめに仕上げた万人受けするもの。
その冷たくて程よい甘味が
それまでの油っぽく辛味の残る
口の中をさっぱりとさせる。


料理を供するタイミングもよく、
席を囲む者同士、互いの交流を深め、
味も会話も楽しむ事ができた。


もちろん料金は高めであるが、
得られる知見や経験、感動といったものは
対価としては大きい。


ご馳走様!


筑紫樓 丸の内店中華料理 / 二重橋前駅東京駅大手町駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/484-01ddfedd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。