スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁と謂えば

2010年10月15日 09:00

私にとって駅弁といえば、
なんと言っても崎陽軒のシウマイ弁当は外せない。

東京駅で乗り換えて出張する際、
時間の都合や気分次第で駅弁を買うのだが、
案外シウマイ弁当を買うのに一苦労してしまう。

行きつけは、東京駅南通路の駅弁屋。
丁度、東海道本線ホームへ上がる階段前あたりである。

1954(昭和29)年に登場というから
実に歴史のあるもので、
子供の頃の記憶にも食べたのを憶えている。

数ある弁当の中でも、白飯が先に無くなり
おかずが残ってしまうのはなかなか無い。
その位、具だくさんでどれもがいい味をしている。

特にタケノコの甘辛く煮たものが好みである。
(もちろん、シウマイがNo.1であるが)

今日も昼を駅弁にしようと立ち寄ると、
売り子から復刻版シウマイ弁当があると薦められた。
どうも今日までの取扱いだとのことで、
面白そうなので早速購入した。

101015kiyouken01.jpg
掛け紙は古めかしいデザインで、
発売当時のデザインを採用している。

101015kiyouken02.jpg
さて、期待しつつ蓋を開けてみると、
ブリの照焼きやエビフライ、セロリなど
食べ慣れたものと違うものが入っている。

どうやら横浜港開港150周年を迎え、
夏のメニューとして特別仕様の弁当を発売したようだ。

いつものシウマイは健在。
箸が進む具材の組み合わせにこれはこれで満足。

まあ、食べ慣れたあの組合せが
少し恋しくなってしまったのが
正直な感想かな。

今度はいつ食べようかな。


ご馳走様!


膳まい 東京駅南通路店弁当 / 東京駅二重橋前駅京橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/478-330e70f8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。