スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:天鳳

2010年07月14日 13:00

天鳳


午後の講演会に出席するため、
地下鉄乃木坂駅で下車。
このあたりで昼飯を取ることにした。

折角なので麺道に精進しようと、
このあたりで有名な天鳳を探した。

外苑東通りを初夏の暑さを感じながら、
東京ミッドタウンの目の前あたり、
ふと目をやるとドラム缶が置いてある。
そこには店名が書かれており、
どうやらこの近くにあるらしい。

ビルの中に入ったが見当たらない。
しかし、動物系のダシの香りがする。
やや奥まったところまで入り、
見つけることが出来た。

広い店内には5~6人の先客がいた。


100714tenhou01.jpg
長テーブルに座り、
スタンダードなラーメンを注文。
店内には、茹で方・味の濃さなどを
指定できることを謳っている。


100714tenhou03.jpg
麺は、かん水を多く調合した黄色みを有し、
コシの強いタイプ。

100714tenhou02.jpg
店内に置かれている箱からみて、
札幌市にある製麺会社・西山製麺のものらしい。
「西山ラーメン」は太くてコシのある縮れ麺で、
札幌ラーメンの象徴的存在。


一方、スープは動物系のダシを炊いたもので、
スープと丼の境目に細かい泡が立っていることから、
店で仕込まれたもののようだ。

豚骨ダシに醤油ベースの味付け。
これは和歌山ラーメンに通じるものがある。
ただし、あれほどは甘ったるくなくて、
塩味・甘味が程よい塩梅のバランスを保っている。


札幌ラーメンの麺と、和歌山ラーメンのようなスープ。
この組み合わせは面白い仕上がり。
しかしながら、関東風の濃い口醤油の味が立っていて、
飽きさせないオリジナリティのある一品であった。


ご馳走様!


天鳳


東京都港区六本木7-8-5 ロック&ロックビル1F
TEL 03-3404-6155

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/436-e0e6148c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。