スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:麺 藏藏(2)

2010年07月01日 12:15

麺 藏藏(2)

前回の訪問録 : 2010.02.04


久しぶりの平日休み。

以前食べたつけ麺を無性に食べたくなり、
昼時には混むと思われたが、
あわてて車で出掛けた。

店には12時15分頃に到着。
店内はほぼ満席であったが、
幸いカウンター席が空いていた。

早速、お目当てのつけ麺「つけとろ」の醤油味を、
大判やわ旨ちゃーしゅー1枚追加で注文。

つけ麺の麺は茹で時間が掛かるため、
手際よく調理を進める厨房の様子を見ながら、
待つことにした。

前回訪問したときには気が付かなかったのだが、
手鍋にダシ汁を入れた後、
塩・味噌・醤油、各々の味付け用調味液を入れ、
加熱しながらつけ麺用スープを作製している。
鍋での調理は時間が掛かる上に、
味加減にバラツキが出る恐れがあるが、
一方で丁寧なスープを振る舞うことが出来る。


zaza203.jpg
確かにこのスープはただ者ではない。
表面の油は臭みが無くしつこくない。
動物系のダシの旨味成分が強く主張してくる。
一方で、野菜系のダシととろみが、
全体を丸くしているのである。


zaza201.jpg
麺は、全粒粉を使っているがざらつきが少ない。
多分、つなぎを用いているためで、
コシの強い麺に仕上げたいためであろう。
その食感は食べ終わるまで楽しめる。

トッピングは奇をてらったものが無く、
シンプルで好感が持てる。
このトッピングの種類であれば、
つけ麺の弱点であるスープが冷めてしまう点を
ある程度カバー出来ている。

スープ割りは最初から供せられるが、
その魚介系ダシはすこし苦みが残るもの。
これをつけ汁に入れると、
魚介系ダシの香りが立ってくる。

この完成度の高さに改めて驚いたのだった。
また、時間を作って訪れたい一店である。


ご馳走様!


麺 藏藏


栃木県宇都宮市氷室町1627-63
TEL 028-667-4478

営業時間 11:00~15:00、18:00~21:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/429-94a95408
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。