スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:中華麺酒家 彩華

2010年05月19日 14:00

麺道:中華麺酒家 彩華



昼の営業時間ギリギリの14時、
駆け込むように入店。


saika kayaba001
自家製麺の看板が、
以前から気になっていた。


saika kayaba005
早速、ランチメニューの
ごまつけめん750円を大盛で注文。

待っている間に店内を見渡すと
製麺機が置いてある。
saika kayaba002
どうやら製麺室のようで、
その前には25kg紙袋に入った
強力粉が3種類置いてある。

メニューの記載によると、
注文したごまつけめんの麺は
国産小麦粉(内麦粉)を使用しているとのこと。

内麦は、膨らむ力が弱いのが欠点。
そのため、温度・水分の管理を
シビアにしなければならない。

一方で、澱粉質にアミロースより
アミロペクチンを多く含み、
モッチリとした食感が楽しめる。
たぶん、弾力感のある麺を
つけ麺として提供したいのだろう。


saika kayaba004
さて、その麺であるが、
まずはつけ汁につけずに頂く。
内麦粉で作った麺は、
コシが強く食感もいい。

つけ麺で、流行りの太麺ではなく、
やや中太に仕上げているので、
コシが強くてもモサモサしていない。


saika kayaba003
スープは、自家製のラー油を配合した辛め。
山叔の香りが面白い。

スープの器をよく見ると、
チーマー醤(芝麻醤)がかなり沈んでいる。
角切りチャーシューや
メンマとともにかき混ぜれば、
ほどよい辛さで麺をいただくことができる。

ただ、麺の上にのせられた水菜は、
彩りとしてはいいものが、
その食感には好き嫌いが分れるところか。

割りスープを足せば、
やや粗く削った節粉が
ダシの香りを引き立てる。

なかなかの完成度のあるつけ麺
出会うことが出来た。

また機会を見つけて、
訪ねてみようと。


ご馳走様!


中華麺酒家 彩華


東京都中央区日本橋茅場町2-1-12 木村ビル
TEL 03-3666-1325

営業時間 11:00~14::00、18:00~22:00
定休日 土曜・日曜・祝日

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/422-418c6192
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。