スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひやおろし

2007年12月08日 10:54

s-CA380028.jpg



いよいよ忘年会シーズン!

昨晩はお寿司屋さんで職場の仲間と。
美味しい刺身と鍋、それとひやおろしを堪能しました。


冷やおろし(ひやおろし)…
冬季に造られた酒は、火入れと呼ぶ加熱処理をしたあと、春、夏を越して半年の間、貯蔵・熟成されます。
そして秋風の吹く頃、外気温くらいに冷えた清酒は、火入れを行わず、そのまま樽などの容器に生詰めして出荷されます。
このことから「冷やおろし」と呼ばれるようになったようです。

しぼりたての時には荒々しかった味わいが、秋口には丸みを帯びて調和し、飲み頃となります。
秋までの間の熟成によって酒の味わいがよくなることを「秋上がり」と呼んでいます。

若山牧水は
「白珠の歯にしみとほる秋の夜の 酒は静かに飲むべかりけり」
と、秋の夜に飲む酒に絡めた歌を詠んでいます。年間を通じて酒が造られる現在でも、秋口にしみじみ飲む冷やおろしの旨さには格別のものがあります。
月桂冠HPより

関連記事


コメント

  1. Jenifer | URL | PikvLR5I

    おはようございます

    ↑ランキング押しておいたよ^^
    お酒は やはりお水で左右されますよね~ 日本酒は 実は あまりよくわからない・・・(;;
    オサさん楽しいお酒でよかったね^^

  2. オサ | URL | -

    Jeniferさん、おはようございます

    歳のせいか、和食と日本酒or焼酎なんていう組合せに幸せを感じたりしてます。

    確かに水が綺麗なところに行って、地場のお酒を楽しむのは礼儀として必要ですよね(^^ゞ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/42-6dedc538
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。