スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改良の余地

2010年04月30日 13:00

パン工房 麦笛


「明日の朝食はパンにしようかな」とふと思い立ち、
栃木駅そばのパン屋を目指した。

以前から何度か訪ねていたが、
日曜休日だったり、売切れだったりと、
タイミングが悪くて振られていた。


mugibue004.jpg
mugibue003.jpg
13時頃に到着すると幸い店は開いていた。


mugibue001.jpg
mugibue002.jpg
しかし、棚にはいくつもの種類があるものの、
品数は寂しい限りだった。


s-R0010153.jpg
s-R0010154.jpg
s-R0010160.jpg
s-R0010157.jpg
s-R0010161.jpg
とりあえず、デニッシュ生地のものとして、
リンゴパイにレモンパイ、
ベーコンの入った惣菜系のパイ、
ごま入りのクロワッサンなどをチョイス。

デニッシュ生地は生地を層にするために、
生地と生地の間に油脂を挟みながら
何回も折りたたんで作るものである。
そのため、油っぽさがどうしても残るのだが、
それがパイとしての旨味にもなっている。

ここのはどうも油脂量を抑えめにしているのか、
焼き色は浅くパサツキ感がある。
また、生地の塩味も弱い。
(塩味を抑えめにすると生地がだれるため、
油脂量を少なめにせざるを得ないのかも)

フィリングのジャムや惣菜も、
まあまあの感じであった。


s-R0010158.jpg
クルミ入りの蒸しパンも扱っていたが、
いわゆるがんづき生地で醤油味。
これは生地の目が詰まっていて、
モサモサしたものになっている。

モッチリした食感とは異なっていて、
蒸し加減が悪かったのか、
生地の撹拌オーバーか、
いずれにせよもう少し改良の余地が有る。


s-R0010162.jpg
桜の花の塩漬けがのったアンパンも頂いたが、
加糖生地にしてはやはり目がつぶれ気味。
餡は春らしい香りが楽しめたのだが。


他にもいくつか面白そうなのものを食べてみた。
s-R0010155.jpg
s-R0010156.jpg
s-R0010159.jpg
全体的にバラエティは豊富であるが、
パン生地のレベルが今ひとつであった。


ご馳走様!


パン工房 麦笛


栃木県栃木市河合町9-29
TEL 0282-22-1463

営業時間 9:00~18:00
定休日 木・日・祝

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/406-3079bbbd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。