スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:ラーメン厨房つきまる

2010年04月30日 12:00

麺道:ラーメン厨房つきまる


ゴールデンウィークの平日。
休みを取ってのんびりとしている。

栃木のラーメン屋を久しぶりに訪れようと思い、
よく前を通っていて気になっていた店へと向かった。


tsukimaru008.jpg
外から見ると店の雰囲気が分からなかった。
一見すると野暮ったい雰囲気の店かと思ったが、
店内は割と広く、綺麗で落ち着いた空間であった。


tsukimaru005.jpg
12時少し前に到着したが、
店内は客が居なくて静かな様子。
厨房には数人の男性が作業をしている。

窓際のテーブル席に通された。
tsukimaru002.jpg tsukimaru003.jpg tsukimaru004.jpg
早速メニューをみると、
店名を配したつきまるラーメンが目を引く。
また、和風つきまるラーメンに黒つきまるラーメンと
バリエーションが豊富であった。

黒つきまるラーメン+炙りチャーシューと、
塩とりそば+炙りチャーシューを注文した。


tsukimaru006.jpg
黒つきまるラーメン
スープは、焦がしニンニクとねぎ油を用いたもの。
香味油が際立っているものの、
動物系のダシがしっかりと下支えをしている。

麺は、中太平打ち。
コシが強く嚙み応えがあり、
見た目は少なく感じるが、
食べ終わるとかなりのボリュームである。

トッピングの炙りチャーシューは、
炙って焼けた部分の固さが面白く、
また焦げた香りが一層の旨味を引き出している。

ただ、追加注文した炙りチャーシューではなく、
元々乗っていたチャーシューは、
甘辛く醤油で下味を付けているようで、
主張の強さからスープに合っていないように感じた。


tsukimaru007.jpg
塩とりそば
麺は、縮れ細麺。
かん水が多い感じがする黄色みで、
もちろんコシと引きが強いタイプ。

スープは、塩味のあっさりとした中に、
魚介系のダシの風味が前面に出てくる。
麺の絡まりがよく、飽きさせない塩味加減。

トッピングの鶏の肉団子も風味を楽しめる一品。
小松菜は好き嫌いが分かれるところか。

飽きさせない豊富な品揃えであり、
麺とスープの相性を考えてたものになっている。
また訪れたい一店である。


ご馳走様!


ラーメン厨房つきまる


栃木県宇都宮市幕田町597-1
TEL 028-659-6540

営業時間
[平日]11:30〜14:3017:30〜21:00
[土日祝日]11:30〜15:00、17:30〜21:00
定休日 月曜日

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/405-8d06e82f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。