スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SweetSweetSweet:ずんだ茶寮Cafe

2010年04月29日 19:30

SweetSweetSweet:ずんだ茶寮Cafe


ずんだ茶寮は、
仙台の銘菓・萩の月で有名な菓匠三全
ずんだ餡を用いた菓子に特化して運営している店。

以前、仙台近郊に住んでいた時には、
菓匠三全の菓子を土産物として使ったりしていた。

また、ずんだ茶寮は割と新しくできた店舗形態であったが、
仙台駅の構内にあったため、よく利用していた。

2008年8月松島の風景写真の撮影帰りに、
いつものように萩の月を買って帰ろうと、
「菓匠三全 松島寺町小路店」を訪れた。

店に入るとすぐに目にとまったのが、
店内の一角にあったずんだシェイクのPOP。

暑い最中に飲んだずんだの入ったバニラシェイクは、
冷たいのど越しが嬉しくて、
二杯立て続けに飲んでしまった。

「いつかまた、ずんだシェイクを飲みたいな」
と思いながら、松島を後にしたのを憶えている。

さて、2009年11月東北道を北に向かっている時である。
佐野サービスエリアで休憩しようと車を進めていた。
その手前にある羽生パーキングエリアが
パサールと名前を変えてリニューアルしたそうで、
物珍しさから立ち寄った。


zundasaryo01.jpg
黒っぽい木調の作りのレストランの入口に
一際目立つあの鮮やかな緑色の看板。
ずんだ茶寮であった。


s-R0010117.jpg
もちろん、あのずんだシェイクもある。
しかも、オープン記念で通常280円が半額の140円とのことで、
ついつい二杯飲んでしまった(^^;)

2010年4月29日、東北道を利用してのこと。
もちろん、目的の一つとなったバニラシェイクのために、
パサール羽生に寄っている。

原料のだだちゃ豆の青臭さを程よく生かし、
濃厚な甘さが後をひく。
砕けた豆のざらついた食感に幸せすら感じてしまう。

価格は280円。
今日は一杯にしておこうっと(^^ゞ


ご馳走様!


[豆知識]
そういえば、パサール羽生は外からでも徒歩では入れるのを知った。
7時~21時の間、トイレの横の歩道から入れるので、
東北道を使わないときでも、ずんだシェイクが飲める(^_^)v


ずんだ茶寮Cafe


埼玉県羽生市大字弥勒字三新田824 東北自動車道羽生PA(下り)
TEL 048-566-2300

営業時間 8:00-20:00



ずんだとは…
枝豆(未成熟な大豆)をすりつぶして作る緑色のペーストのこと。
だだちゃ豆やそら豆を原料とする場合もある。
北東北南部の秋田県・横手盆地や岩手県南部、南東北の宮城県・山形県・福島県、および、北関東の栃木県北西部において郷土料理に用いられる。
~フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から一部改編
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/404-e7417cdc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。