スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:花菱(2)

2010年03月16日 11:30

花菱(2)

前回の訪問録 : 2009.11.02


久しぶりの平日休み。
残務整理をしながらも、
のんびりと家で過ごす。

とはいうものの、午前10時頃には
すでに昼飯の算段をつけ始める。
ふと、もう一度行きたいと思った店を思い出し、
開店時間を調べると11時半。
ちょうどいい時間。
そうとなれば、そそくさと出掛けるのであった。

hanabishi204.jpg
店に到着したのが開店10分前であった。
さすがに待ち客はいなかった。

hanabishi203.jpg
陽にあたりながら、店先の看板メニューを
眺めていると開店の時間。

hanabishi206.jpghanabishi205.jpg
着席する頃にはもう注文するものは決めてある。
早速、特製つけ麺の大盛り1050円、海の塩つけ麺850円、
サイドメニューの山菱ご飯300円をオーダー。

数分もしない間に4組客が入ってきた。
皆、地元常連の様子で、
昼時の楽しみを味わおうとしている。

hanabishi208.jpg
特製つけ麺は、トッピングも豪華な一品。
極太のメンマが面白い。
炙ったチャーシューの焦げた風味が食欲を誘う。

麺は、平打ちの太麺。
コシがしっかりしていて、
全粒粉の特徴を活かしている。
スープに付けずに食べれば、
かなり太い蕎麦を連想させる。

スープは、醤油味のやや辛みを抑えた仕上がり。
ベースとなっているダシの風味が強く、
食べ進めても飽きが来ない。
食べ終わって割りスープを足して飲めば、
これだけで十分にひとつの料理として完成している。

hanabishi209.jpg
一方、海の塩つけ麺もスープがいい。
貝のダシ汁をベースにした優しい口当たり。
あさり、イカ、エビに挽き肉と、
盛りだくさんの具材が入っている。
やや油が多いのは好みが分かれるところか。

ついつい食べ過ぎにもかかわらず、
前回同様に店名を配した山菱ご飯(高菜のご飯)は、
甘辛い挽き肉と高菜の相性がよくて、
注文して正解の一品。

ここは便が悪いが、訪れる価値がある一店である。
また、機会を作って訪れようっと♪


ご馳走様!


花菱


栃木県宇都宮市宝木町1丁目56-1
TEL 028-621-8704

営業時間 11:30~14:00、17:30~20:30
定休日 水曜日

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/373-b3163881
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。