スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏づくし、ウマウマの夜

2010年02月25日 19:00

八重洲 とり安


toriyasu01.jpg
今宵の止まり木は、京橋に程近い鶏料理店。

店構えは古いが、
ゆっくりと少人数で楽しみたくて
掘りごたつ式の座敷を予約した。


toriyasu10.jpg
まずは、鶏わさからスタート。
さっと湯に通し氷水で締めたささみは、
わさび醤油との相性もバッチリ。
色といい、食感といい、
新鮮な鶏肉を扱わないと、
こういう風にはいかない。


toriyasu03.jpg
生ビールも進むのだが、
焼酎に切り替えたくなってしまう。
早々にお湯割りへと、
いつものようにスライド。


toriyasu16.jpg
ぼんじり(みさきは雌肉)は、
鶏の尻まわりの肉の事。
一羽からもちろん一つしか取れないため、
貴重でなかなか食べることができない。
さんかくとも言う理由は、
三角の形をした尻の突起だから。
よく動き筋肉が発達していて、
噛む毎に溢れる脂が旨い。


toriyasu15.jpg
レバーは、独特の臭みが無く、
肉の甘味がタレと相まって焼酎が進む。


toriyasu12.jpg
ひな肉は、新潟産銘柄の鶏肉とのこと。
とても柔らかい肉質と、
脂が滴るようで旨みがタップリであった。


toriyasu11.jpg
味噌漬けされたささみ。
冷めて身が固くなる前に、
アツアツのところを頂く。
まるで西京味噌漬けの焼き物のようで、
上品ながらしっかりとした食感が美味しい。


toriyasu07.jpg
焼鳥の中で好物のつくねを注文。
鶏そぼろのフワフワとした身と、
たまねぎのシャキシャキとした食感。
一口で頬張ればジューシーな肉汁が溢れ出る。


一方で、コリコリとした食感が欲しくて、
せせり(首肉)やナンコツ、皮も頼む。
塩で焼かれたどれもが焼き加減上手で、
噛むごとに嬉しくなるほどの旨みを楽しめる。


toriyasu14.jpg
水炊きは、この冬の時期には外せない。
気心知れた大勢の仲間で、
ワイガヤするにはやっぱり鍋がいい。
ましてや、美味しいときたら申し分ない。


toriyasu17.jpg
唐揚げが最後に出された頃には、
すでに出来上がっていたが、
肉汁たっぷりの身に箸が進む。


一品一品が供されるタイミングもよく、
さり気無い接客の一言も交感が持てる。
デザートのアイスまで、
ウマウマの大満足の夜だった。


ご馳走様!


八重洲 とり安 (鳥料理 / 京橋、宝町、八丁堀)


東京都中央区京橋1-6-8 日住金ビル1F
TEL 03-3567-9454

営業時間 11:30~14:00、17:00~24:00
定休日 土曜・日曜・祝日

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/360-b8174f16
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。