スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:南京千両 屋台

2010年02月19日 01:30

南京千両 屋台


時は、すでに深夜午前一時をまわったところ。

オヤジたちはトコトン飲んだ挙句、
せっかくの九州出張なのだからと
締めのラーメンを探し求めることに。

もちろん、すでに第一候補は決めてある。

九州ラーメンといえば豚骨味。
その豚骨スープの発祥はここ久留米だそうで、
元祖のお店も諸説あるようだ。

その中でも、
古株で昔ながらの味を守っている店として
名前は以前から知っていた。
創業は昭和12年とのこと。

久しぶりの屋台。
九州とはいえ盆地であり、ましてや真夜中。
冬の寒さはラーメンを美味しくさせるに違いない。

nankinsenryou01.jpg
西鉄久留米駅から大通りを歩くと、
その店構えからすぐにわかった。

先客は2組、5人。
こちらはオヤジ4人、すでにほぼ満席となった。

ラーメンは普通の量と大盛りの二種類のみ。
大盛りを注文。

nankinsenryou03.jpg
トッピングは、葉ネギに海苔、メンマ、
細かく刻んだチャーシューとシンプル。

スープは、もちろん豚骨味。
ここで仕込んでいないのだろう。
動物系スープ特有の小さな泡が表面に立っていない。
臭みが強いのは骨髄まで仕込んでいるからだろう。

そのトロッとしたのど越しが飲んだ後には格別。
ラードのベタッとしたところがあるが、
これは好き嫌いの分かれるところ。

先立ちの塩味は強いが、
甘味と旨味が後に残る。
元タレに工夫が感じられる。
これぞ豚骨スープといったところか。

麺は、中太のやや縮れストレート。
もっちりとした食感で、
博多・長浜で食すものとは明らかに違う。
スープを絡め過ぎるためか、
ややしつこい感じがした。

nankinsenryou02.jpg
老いた母と若い息子とでやっているのか。
黙々と調理をする姿勢にこの味を守り続け、
いつかまた食べに訪れることを楽しみにしたのだった。


ご馳走様!


南京千両 屋台 (ラーメン / 西鉄久留米、櫛原、花畑)


福岡県久留米市東町36 熊本ファミリー銀行前
TEL 0942-37-7279

営業時間 19:00~翌4:00
定休日 日曜日・雨天時

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/358-b4bac04f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。