スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと早めの昼食は贅沢気分

2010年02月16日 11:15

午前中に予定していた会議が早めに終わった。

まだ11時になっていないが、早い昼食を取ることに。
お目当ての店が11時に開くことを知っていたから。

そそくさと茅場町駅を通り過ぎて、
路地裏へと自然と早歩きになっている。

suzukou05.jpg
割烹のような趣きのある店構え。
ランチの時間に入るにしても多少身構えてしまう。

suzukou04.jpg
店内は、揚げ調理場を囲むようにカウンター席があり、
ご主人の所作を楽しむこともできる作り。
やはり開店したてということもあって、
先客は無くて貸切状態。

ランチメニューの中で、
最も安い「ゆりコース」1260円をオーダー。

接客にもさり気無い感じであり、
カウンター席でも心地よい。

のれん奥の調理場で仕度した天ぷらのタネが、
ザルに綺麗に用意されている。

suzukou01.jpg
カウンターの上にある敷き紙の乗ったゲタには、
まずは揚げたて海老の頭部分。
続いて、海老としめじを供される。

アツアツの海老頭は、揚げ油の新鮮を伝える目的か。
あえて天つゆではなく塩で頂くと、
海老と油の美味しい風味が口に広がる。

しめじの天ぷらをほお張れば、
「味しめじ」といわれるのがうなずける。
キノコの旨み成分が天ぷらで引き立っている。

suzukou02.jpg
玉葱の串揚げ、茄子やかぼちゃと野菜が続く。
天ぷらにすることで野菜の甘みが引き立っている。

海苔を巻いたホタテは、海苔の香ばしさが心憎い。

suzukou03.jpg
脂ののった穴子は、上品なダシ風味のある天つゆとの
相性もピッタリ。

こんなにもいい流れで出される天ぷらに、
白飯も進みお替りをしてしまった(お替りは自由)。

ご主人の黙々と進められる調理の手際の良さに、
今更ながらに食事の一回一回の大切さを実感したのだった。


ご馳走様!


天ぷら すず航


東京都中央区日本橋茅場町2-1-14
TEL 03-3666-3336

営業時間 11:00~14:00、17:30~22:00
定休日 日曜・祝日
※土曜日は、第一・第三土曜日の夜のみ営業

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/354-f02dc47f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。