スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔懐かし、今も美味しい

2010年01月04日 01:00

マ・メゾン 山中湖店


庄やグループのチェーン店である。
しかし侮れない。

約20年前に小平店に何回か行ったが、
店内の雰囲気が良く、またメニューの一つである
ご隠居カレーのインパクトは記憶に残るものだった。

昨年12月29日、富士五湖あたりの撮影をした後、
山中湖周辺で晩飯を取るため、
色々と探した中で懐かしい店名をみつけ、
即決定したのだった。
もちろん、ご隠居カレーのオーダーは必須。

お店には18時到着、すでに先客は数組。

mamaison12.jpg
入口には本日のおすすめとして、
チーズフォンデュが挙げられていた。

mamaison04.jpg
連れと合わせて3名で窓際のテーブル席に座り、
すでに決めていたご隠居カレーの他に頼むものを選ぶ。

気になったチーズフォンデュは2人前との事。
寒い日に温まるには外せない。

量が多かったと記憶しているカレーも、
分けて食べればちょうどいい分量かな。

サイドメニューも何か頼もうかな。
オススメのスペアリブもオーダー。

mamaison07.jpgmamaison09.jpgmamaison08.jpg
チーズフォンデュは、よくチーズをワインで
のばしたりするものだが、
ここのは、あまりアルコールの香りがせず、
少し甘味があり、万人に受け入れる味である。
チーズに付けるパンもフランスパンのように硬くなく、
チーズ鍋でチーズを漬けるとトロッと絡まる。
付け合せの温野菜やソーセージも、
チーズを付けて食べると食が進む。


mamaison06.jpg
スペアリブは下味がしっかりと付いていて、
食べ応えのあるボリューム。
車の運転が無ければビールが飲みたくなるところ。
スパイスの香りが鼻から抜けて、後を引く感じ。

mamaison10.jpg
待ってましたのご隠居カレー
さらっとしたルーには肉がタップリ。
やや辛めの味が昔食べたときの記憶を呼び起こさせる。
カレーはやっぱり辛くなくっちゃ。

お店の独特の雰囲気と、温かく美味しい料理を頂き、
年の瀬に楽しいひとときを過ごせた。


ご馳走様!


マ・メゾン 山中湖店


山梨県南都留郡山中湖村山中217
TEL 0555-62-5337

営業時間 11:00~23:00



チーズフォンデュとは…
英語でcheese fondue、仏語ではフォンデュ・オ・フロマージュという
スイスを中心に仏・伊にまたがるアルプス山岳部やその周辺の家庭料理
材料となるチーズは、エメンタールチーズとグリュイエールチーズの2種類が最も一般的
チーズをおろし金ですりおろす、あるいは細かく切ったものに
コーンスターチ(小麦粉か片栗粉でもよい)をまぶし、
熱した白ワインとともに鍋に入れ煮溶かす。
これに一口大に切ったフランスパンなどの固めのパンを
フォークや串に刺して挿しいれ、溶けたチーズをからめて食べる。
チーズをからめて食べる食材にはパンのほか、
茹でたブロッコリー・ニンジンなどの温野菜や
ソーセージなどが用いられることもある。
~フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より一部改編
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/341-e344e4b9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。