スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハプスブルク展

2009年11月22日 11:30

hapusuburuku.jpg
招待券を頂き、前々から行かなければと
思っていた『ハプスブルク展』に行ってきた。

もともと洋画では、印象派、特にモネが好きで、
一方で人物描写にはどうも魅かれない。

今回は、75点もの色鮮やかな絵画たちが展示されていた。

日本では徳川幕府の頃、実に300年以上も前に、
ここに描かれた人々は、キャンバスの後ろを
見つめ続けてポーズを決めていたんだろうと、
描かれた時のことを思ってもみた。

また、その描写の緻密さに感心させられたが、
どうも心に響かない。

写真撮影の志向にも現れているように、
自然が織りなす情景に、
時間の無限の中の刹那さや、
人間の存在の儚さを感じ、
どこまでも追い続けたいと思うのである。

ハプスブルク展

国立新美術館(東京・六本木)
2009年9月25日(金)~12月14日(月)

休館日:毎週火曜日ただし11月3日(火・祝)は開館、翌4日(水)休館
午前10時~午後6時、金曜は午後8時まで



ハプスブルク家とは…
ハプスブルク家(ドイツ語:Haus Habsburg, Habsburger)は、
現在のスイス領内に発祥したドイツ系の貴族の家系。
古代ラテン人の有力貴族であるユリウス一門(カエサル家)の末裔を自称し、中世の血縁制度を利用した政略結婚により広大な領土を獲得、南ドイツを代表する大貴族に成長した。中世から20世紀初頭まで中部ヨーロッパで強大な勢力を誇り、オーストリア大公国、スペイン王国、ナポリ王国、トスカーナ大公国、ボヘミア王国、ハンガリー王国、オーストリア帝国(後にオーストリア=ハンガリー帝国)などの大公・国王・皇帝を代々出した。
ヨーロッパ随一の名門王家と言われている。
ルドルフ1世以来オーストリアを本拠としたことから、スペイン系を含めて「オーストリア家」(スペイン語:Casa de Austria, フランス語:Maison d'Autriche)とも呼ばれる。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より一部改編
関連記事


コメント

  1. 捨 | URL | FvLIUmYM

    ああ、少しわかるような気がします…。
    印象派より前ですが、コローが好きなので。

    でも美術展、行きたいですね。
    モネの睡蓮には、むかしむかし、近代美術館で出会いました。
    近くに寄ったリ、遠くから眺めたり。あのときは本当に幸せでした^^

  2. osa♪ | URL | RMjeugPg

    捨さん

    私もモネの睡蓮には心動かされました。
    欲しいという衝動も感じました。

    絵画でその位感動することはほとんど無く、
    今でも鮮明にその時の気持ちが残っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/324-2a3b136e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。