スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほのぼの

2009年11月16日 12:00

家庭料理 三福


午前の打合せが12時前に終わり、
昼飯の時間に余裕が出来た。

それならば、近隣の探索に出掛けよう。
水天宮の階段横にあるお店を、
知人から紹介してされていた事を思い出し、
足早に向かった。

sanpuku06.jpg
12時20分前くらいに到着。
暖簾をくぐり狭い間口の入口を開けると、
店内はカウンター席3名とテーブル席2つ。
狭い店内ながらどことなく落ち着ける雰囲気。
厨房の老いた奥さんが声を掛けてくれる。

sanpuku01.jpg
先客はひとり。
老夫婦で切り盛りしているようで、
旦那さんが注文を聞いている。

sanpuku05.jpg
昼時は日替わり500円がベースで、
・しめじ炊込みご飯か白飯
・豚汁
・香の物
・きんぴら
となっている。
さらに、一品100円のものが数種類あり、
追加注文する仕組みである。

日替わりに、追加で鯖の味噌煮とまぐろぶつを注文した。

sanpuku02.jpg
しめじの炊込みご飯と香の物を先に食べながら、
先客と厨房の奥さんのほのぼのとした会話が流れる。

sanpuku03.jpg
鯖の味噌煮は生姜がよく効いた味付けで、
よく煮込まれていて味が染みている。
結局、この煮汁は飲み干してしまった。

sanpuku04.jpg
(鮪ぶつ:写真がぼやけているのはご愛嬌)
これで100円かと思ってしまった。
脂の刺し具合といい、食感からして大トロである。
先ほどの鯖も肉厚で美味しかったが、
これだけで十分に満足できるものであった。

こんな空間と時間を昼のひと時に味わえるだけで、
幸せである。
だから、あっという間に満席になってしまい、
後から後から、席が空いていないか
店の扉を開ける客たちがいたのだろう。

いつまでも元気で店を続けて欲しいと感じながら、
食後のぶら散歩に出掛けた。


ご馳走様!


家庭料理 三福


東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1
TEL 03-3808-0886

営業時間 11:00~14:00、17:00~21:00
定休日 土曜・日曜・祝日

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/322-9bb9fc2c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。