スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:辛麺 真空

2009年10月11日 13:30

辛麺 真空


町田に用事があり、昼食をとる事になった。

町田周辺のラーメン店で、気になるところが幾つかあるが、
昼時で連休ということもあってか、どこも混んでいる。

karamenshinku01.jpg
今回は駅周辺をウロウロ探し、その候補の中の一つ、
「辛麺 真空」を訪ねた。

店内の席は全て埋まっていたが、
店の外には行列が無く、タイミングがよかった。

入口の券売機でいろいろと迷った挙句、
秋の限定メニューである狼煙(のろし)850円を選ぶ。

ちなみに、私の注文した狼煙には、
サービスとして麺大盛か御飯付きだそうで、
麺を大盛にしてもらった。
通常は辛味強めらしいが、辛味抑え目で注文。

karamenshinku02.jpg
程なくして店内に通される。
カウンター席のみで、通された席からは
綺麗にしてある厨房が伺える。

karamenshinku04.jpg
連れは、濃厚豚骨辛麺である山(辛さ控えめ)700円と
味玉120円を追加注文。

スープをひと口飲ませてもらうと、
ポタージュのようにドロッとしていて美味い。

辛味の奥に、豚骨を丁寧に炊いたベースを作り、
しっかりとダシを取った汁と合わせているのが分かる。

karamenshinku05.jpg
私が注文した狼煙が供せられたが、
「食べる前に、丼の底にあるスープと
トッピングの生卵をよくかき混ぜて欲しい」
との指示。
言われるとおりかき混ぜてから頂くことにした。

麺は中根製麺のストレート太麺。
はやりのつけ麺にあるタイプ。

茹で加減が絶妙で、芯を残さずコシがあり、
モチモチとした食感を楽しめた。

何よりトッピングの生卵と、
辛味のある燻製風味の醤油豚骨スープが
太麺一本一本に絡み合っている。
まるで辛味のあるガルボナーラのような味わい。

トッピングには生卵の他に、
チーズが乗せてあるのだが、
チーズは供する直前にバーナーで炙り、
一見しただけでは何だかわからなかった。
ただ、辛味が続く中で、
チーズ独特の風味と甘味が
アクセントになっている。

更に七輪でじっくりと焼き、
さらにバーナーで表面を炙った
バラ肉も下味に工夫を感じる。

食べている最中も寸胴のスープを丁寧に攪拌し、
手持ちの屈折計でスープの上がりを確認している。

随所に工夫と丁寧さが感じられ、
好感が持てた。
この真摯な取り組み姿勢を、
いつまでも守って頑張って欲しい。


ご馳走様!


辛麺 真空


東京都町田市原町田4-1-5 ハイストーンⅡ1F
TEL 042-720-3560
JR町田駅徒歩3分

営業時間 [平日]11:30~15:00、18:00~22:30 [土・日・祝日]11:30~21:00
定休日 水曜日、祝日の場合営業・翌木曜休み

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/306-4f5b372f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。