スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活の素

2009年10月08日 13:30

築地青空三代目 海鮮破風料理 hafu-店


秋の清々しい青空とは裏腹に、
業務の心労から疲労困ぱいの連続であった。
いよいよ最終局面を向かえた今日、
昼間にぽっかりと時間ができた。

少しでも元気が出るようにと、
久々の出先である築地で昼飯を探す。
tsukijiaozora04.jpg
店先に気になる看板が。
「本大トロ炙り丼」
大トロを炙って丼にしただけ?
気になれば食べてみるしかない。

tsukijiaozora02.jpg
1階の店内は先客は一組だけ。
白い壁の綺麗で落ち着いた空間。
魚河岸のそばにこんな洒落たお店があるとは。

tsukijiaozora01.jpg
メニューで先ほどの「本大トロ炙り丼を探すと、
脂のノリによって1番から3番まで分かれている。
折角なのだから、1番2800円を注文。

tsukijiaozora03.jpg
供せられた丼の大トロは、一切れが大きい。
炙ったため表面には脂が滲み出ている。

下味がすでに施されており、
山葵と真ん中にある卵の黄身を付けて食べるそうだ。

早速、一切れ口頬張ってみる。
驚嘆させられる初めての味わい。

食感はしっかりとした大トロの歯ごたえ。
表面を炙ったため感じる焦げた香りがいい。
まるで滲み出ていた脂は上品な牛肉のようであるが、
トロ特有のしつこくない後味。

また、付け合せの黄身が工夫されている。
ねっとりとした程よい固さと、濃厚な塩味が絶妙。

後で教えて頂いたのだが、
卵は黄身だけを温泉卵くらいの硬さまで茹でておき、
ダシ汁に漬け込んで味付けしたものだそうだ。

黄身を醤油や味噌に漬けて食べる料理はあるが、
それらの応用か。
こういった一工夫が堪らない。

食べ終わりみせを出たときには、
今までの疲れきった心は少し癒され、
秋の風の爽やかさを感じるくらいまでになっていた。


ご馳走様!



築地青空三代目 海鮮破風料理 hafu-店


東京都中央区築地4-13-5
TEL 03-3541-3804
東京メトロ日比谷線築地駅本願寺出口より徒歩5分

営業時間 9:00~15:00 17:00~22:00
年内無休

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/305-c448a306
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。