スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別な日には

2009年07月11日 18:00

今日は特別な日。

さて、近隣で美味しいお店に行くことにしようと思い立ち、
和食を調べると評判の高いうなぎ屋を見つけた。

この店の近所にある割烹には行った事があったが、
こんな店があったかなと思いながら車で出掛ける。


kawasemi06.jpg
17時から夜の営業をやっているそうで、
着いたのが17時半頃であったが、
すでに店は満席で断られた。
そんなに混むのならと、どうしても食べたくなり、
駐車場で少し待つことにした。

30分位待っただろうか、女将さんが呼び来てくれて
やっと入店出来た。
店内は、4人掛けテーブル席が一つ。
カウンター席が6人とこじんまりとした作り。
二階もあるそうで、10人用と5~6人用の二室だそうだ。

kawasemi02.jpg
カウンターに座ると、カウンターの向こう側には、
うなぎの蒸し・焼きを担当するおやじさんが、
ひとりで黙々と頑張っている。

時折、もうひとりの男性(二人は顔が似ているから
兄弟か?)が顔を出すが、ご飯・肝吸いなど
蒲焼以外を担当している様子である。


kawasemi01.jpg
さて、達筆に書かれているメニューから、
蒲焼の松と白焼きを注文。

焼きを担当するおやじさんの動きには、
無駄が無く、見ていて粋さえ映る。

kawasemi03.jpg
出てきた蒲焼は、うなぎ独特の臭みが無く、
肉厚で実に柔らかい。
関東風の蒲焼のいい所である蒸しに感謝。


kawasemi05.jpg
たれもベッタリとした甘さが無く、しつこくないので
うなぎ本来の脂や食感が楽しめる。
夜のこの時間であるが、酒など飲まずに
向かい合ってもいいかもしれない。


kawasemi04.jpg
さて白焼きの方だが、わさび醤油にちょっとだけ
付けて口に入れると、これがまた楽しい。

蒲焼の焦げた香りもいいのだが、
繊細な焼き加減のため、うなぎの身がホロホロと
口の中でばらけていくのである。

肝吸いや香の物で箸休めをしながら、
幸せな時間を暫し楽しむことが出来た。

また、訪れたい店である。


ご馳走様!


川蝉


栃木県宇都宮市大通り5-1-9
TEL 028-625-5483

営業時間 11:30~13:30、17:00~22:00
定休日 日曜・祝日

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/276-6e84c029
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。