スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SweetSweetSweet:長命寺 桜もち 山本や

2009年01月31日 17:45

s-chomeji04.jpg
s-chomeji01.jpgs-chomeji02.jpg


長命寺 桜もち 山本や


首都高向島入口が目の前であるこの店の前を、
何度となく通っていたが初めて訪れた。

老舗中の老舗、かの有名な桜もち(1個200円、
まとめ買いすると値引き有り)を購入。

以前、伊豆で桜葉の塩漬け作業を見たことがあるが、
仕込み樽は地上数メートルもある大きなもので、
中に作業者が入り、束にした桜葉を縁に沿わせて
円を描きながら置き、塩を振りかけていた。

桜の葉の香りでその時の想い出が蘇った。
三枚の桜の葉をまとった桜もちは食紅を入れない白生地。
桜葉の塩味が絶妙で、こし餡の甘味を引き立てる。

桜もちといっても、クレープ生地の様に焼いた生地は関東風で、
関西では道明寺餅(餅米生地で餡を包み込んだもの)が一般的。
ただ個人的には、この別名・焼桜の方が好きである。

結局、2個立て続けに食べてしまった。
早く春が来ないかな♪


ご馳走様!


長命寺 桜もち 山本や (長命寺 さくらもち)

東京都墨田区向島5-1-14
TEL 03-3622-3266

営業時間 9:00~18:00
定休日 月曜日




桜もちとは…
関東風(長命寺餅):小麦粉あるいは白玉粉の生地を焼いた皮で、餡をクレープ状に巻いたもの。
関西風(道明寺(餅)):糯米を蒸かして干し、粗めに挽いた粒状の道明寺粉を用いた皮に、饅頭のように餡を包んだもの。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』改編
関連記事


コメント

  1. 翠碧 | URL | LfiKTmzM

    Re: SweetSweetSweet:長命寺 桜もち 山本や

    桜餅ですか~春ですね☆

    へぇ~関東風とかってあるんですね。
    僕の所では桜色の餅にこしあんを包んでます。

  2. osa♪ | URL | -

    翠碧さん、コメントありがとうございます。

    300年以上の歴史ある店。

    ここの桜もちは食べたことはありましたが、お店に訪れることがありませんでした。

    何の変哲も無い店なのですが、老舗の伝統を守り続けることの大切さを感じました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/223-109719c2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。