スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:元祖白石うーめん処 なかじま 駅前本店

2008年08月12日 12:30

s-umen-4.jpg
s-umen-2.jpgs-umen-3.jpg


元祖白石うーめん処 なかじま


蔵王に来るたびに白石駅前のこの店に立ち寄るようにしている。
お目当ては、素麺を短くした温麺うーめん)。

さて、「味三種」を早速注文!

何の変哲も無い素朴な麺なのだが、ここでは3種類のつけ汁が出される。
一般的によくある醤油つゆの他に、クルミと胡麻が出てくるのだが、
これが淡白な味の温麺によく合っている。

特に胡麻つゆは黒胡麻の風味が強く、胡麻好きの私にはたまらない。
夏バテ気味で食欲の落ちているこの時分、オススメの一品である。


ご馳走様!


元祖白石うーめん味処 駅前店

〒989-0242
宮城県白石市柳町17-5
TEL:0224-24-4614

営業期間11:00~20:00
定休日:火曜




温麺うーめん)とは…

素麺の一種で宮城県白石市で生産される同地の特産品

一般の素麺は粉を練るときに油を入れるが、温麺は油を用いず、
長さ10センチメートル程度で短いのが特徴
醤油や味噌で作った汁につけて食べるのが一般的

江戸時代初めに白石に住んでいた大畑屋鈴木浅右衛門が、
胃腸の弱い父親のため、旅の僧に教わった油を使わない麺の
製法を苦心の末会得して創始したと伝えられる

出典・改編: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/140-bf8b7352
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。