スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モディリアーニ展 内覧会

2008年05月07日 20:00

s-modigliani2.jpg

s-modigliani1.jpg s-modigliani3.jpg



モディリアーニ展 内覧会(国立新美術館)


20世紀初頭、 パリで活躍したアメデオ・モディリアーニ内覧会に行ってきた。
(展覧会は、3月26日~6月9日まで国立新美術館にて開催中)

招待状を入手したものの、内覧会ってどんなものなのかそれまで知らなかった。

当日火曜日は国立新美術館(六本木)は休館日である。
しかし、18時15分までに集合とのことで、招待状を見せるとゲートの守衛を抜けて入館可能。
また一般の方は1500円掛かるが、それもタダであった。

ギリギリの時間で受付を過ぎると、すでに3階の大会議場には約200~300名が座っていた。
18時15分から約30分近く、様々な資料(作品・年表など)を用いてレクチャーが開始。
子供がいないため静かな環境の中で、モディリアーニの人間性や作品に影響された事柄などを理解できた。

その後、実際の1階展示場へと通される。
さっき、解説をしてもらった作品の実物が目の前にあるのだから、理解が深まるし飽きる事がない。

集合していた人数の割には一列になっても実にスムーズ。
人気の展覧会として以前モネ展にも来たが、押し合いへし合いで嫌気がさした。
だが、今回は全くのノーストレス。


夜の美術館の怪しい雰囲気と相まって、ここに居るだけでワクワクさせられ好奇心をくすぐる。
実にゆっくりと贅沢な時間と空間を堪能する事ができた。
関連記事


コメント

  1. いさちゃん | URL | -

    モディリアーニ

    好きな画家です。
    大変美男子であったモディリアーニは
    数々の女性の絵を残していますけど、
    そんな人生、歩むのも波乱万丈すぎて
    大変そうですよねぇe-264e-263

  2. オサ | URL | -

    >いささん

    情熱的な点はあこがれますね。

    画家としての活動が短い分、太く短く生ききったのでしょうか。

    その点は真似できませんね~

  3. KOH | URL | mQop/nM.

    羨ましい!

    モディリアーニ展はテーマの違う展示で2回行ったことがあります。
    映画もDVDで観ました♪

    モディリアーニ展は関西展に行くつもりですが、内覧会とは羨ましい!

    いい体験をされましたね。

  4. オサ | URL | -

    >KOHさん

    自慢ですみませんでした。

    ただ、夜の美術館の雰囲気はいままでに経験した事がなくて、絵画にも感動しましたが、そちらにも衝撃を受けたのでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/115-566a688d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。