スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:東京都墨田区・江戸蕎麦ほそ川

2008年03月28日 12:11

s-hosokawa3.jpg

s-hosokawa5.jpg s-hosokawa2.jpg


江戸蕎麦ほそ川


清澄通りから一本入った小さな路地にこの店はある。

約20年前、埼玉県吉川に開店。
当初はごく普通のお店だったのだが、2003年現在の両国へ移転。
店主・細川氏は、原料の仕入れから蕎麦の実の皮むき、そば打ちまで行っているそうだ。

店内は静かなたたずまいで、一見すると蕎麦屋とは思えぬ雰囲気。
照明や活けた花も上品で、時間や空間を楽しむにはいい。

初春のぽかぽか陽気のため、冷たい蕎麦が食べたくなった。
せいろ950円と追加せいろ850円をオーダー。

まず、最初のざるに出された蕎麦は茨城産のもの。
つゆを付けずに食すと、コシのよさと水に十分にさらした丁寧な茹で加減を感じる。
そば粉の程よい香りが伝わり、つなぎ無しのそば粉十割で打ったのがわかる。

つゆは関東風の濃い口、ほんの少し麺に付けて試すと、ダシの香りが伝わる。
煮切った酒の味も判るほどに繊細な味が楽しめた。

食べ終わるのを見図った様に、追加せいろが出される。
茹でるタイミングを、食べるスピードに合わせたのであろうか心憎い。

今度は、福井産の蕎麦だそうだ。
先ほどの茨城産と異なりやや太めの麺はコシが強く、やはりつゆ無しで食べると麺だけで十分に楽しめる。

仕上げの蕎麦湯は煮込んだもので他店に無い濁ったとろみ。
実に蕎麦本来の持つ甘みを伝えていて、これだけでも食す価値有りである。

たばこの臭いやうるさい客の雑音もなく、蕎麦に集中する事ができた。


ご馳走様!


江戸蕎麦ほそ川

東京都墨田区亀沢1丁目6-5
電話03-3626-1125

営業時間 12~15時、17時半~20時半
営業日 火曜日~日曜日、祭日
定休日 毎週月曜日、第三火曜日

JR総武線両国駅より徒歩6分
地下鉄大江戸線両国駅A3出口より徒歩1分

※小学生以下は入店不可


江戸蕎麦ほそ川 (えどそばほそかわ)
関連記事


コメント

  1. かぶん | URL | -

    美味しそう

    このソバ、食べてみたいです。

  2. オサ | URL | -

    かぶんさん、東京の蕎麦屋さんの中でも味や雰囲気からみて、なかなかいいお店でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osa815.blog123.fc2.com/tb.php/103-498e9df4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。