スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るいうちから

2010年10月29日 17:15

思いのほか早く終わった打合せ。
時計を見れば17時少し前。

まだ飲み屋も開いていない時間。
おやじ二人は神田駅まで
ふらふらと歩くことにした。

ふと気になる路地裏へ足を向けると、
焼き鳥を焼くいい香り。

もちろん誘われるがままに
カウンターに座っていた。

店内は同じような客たちが数名。
まだ日が暮れる前から飲んでいる。

101029shiratora05.jpg
大好きな黒生ビールでスタート。
備長炭で焼いているとのことで、
ハツやらせせりなどを
とりあえず勢いに任せて注文。

101029shiratora03.jpg
つくねはわざと細かい軟骨を残し、
コリコリとした食感を楽しませる。

101029shiratora01.jpg
ねぎぼんと称した一品。
ぼんじつはネギと合わせて刺したもの。
これは塩で頂くとビールに実に合う。

101029shiratora02.jpg
101029shiratora04.jpg
101029shiratora06.jpg
焼き方の調理担当は
絶えず串間の焼き加減をみていて、
その作業が丁寧そのもの。

101029shiratora07.jpg
101029shiratora08.jpg
美味しいものと酒があれば、
もちろんおやじたちの話も弾む。

101029shiratora10.jpg
旨味たっぷりの鶏ダシのスープを
シメに供せられる頃には、
外は日が暮れて夜へと変化していた。

101029shiratora11.jpg
それでもまだ19時過ぎ。
明るいうちから飲むことが出来るのは
幸せかもしれないな。


ご馳走様!


しらとら 居酒屋 / 神田駅新日本橋駅三越前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト

麺道:麺や 璃宮

2010年10月27日 11:40

麺道:麺や 璃宮


午後からの出張に備えて、
錦糸町あたりで昼食を取ることに。

前から気になっていた店を目指して、
錦糸町駅から歩くことにした。
時折、店の前を車で通っていたが、
いつも行列が出来ている様に見えた。

101027menyarikyu01.jpg
11時半過ぎに到着。
すでに待ち客は
店内に2名、店外に1名。

15分位待ったところで
カウンターへと通された。

客座は面白い配置で、
カウンター席と平行して
もう一つカウンター席がある。
まるで教室の座席のようである。

早速、全部入りつけ麺1100円を注文。

101027menyarikyu04.jpg
麺は、開花楼製。
その太くやや縮れが入った麺は、
塩味がありコシが強く
つけ汁に浸けなくても美味しい。

101027menyarikyu02.jpg
つけ汁は、動物系ダシ本来の濃厚な脂の甘味。
そのとろみが麺によく絡んでいる。
また、後味に残る魚介系ダシの
上品な香りが鼻から抜ける。

101027menyarikyu03.jpg
一通り具材はつけ汁に入っているが、
全部入りはさらに別皿で具材が供せられる。
なかでも、食べ応えのあるメンマ
シャキシャキとした食感で
このつけ汁によく合っている。

とがった主張や奇抜な仕掛けは無いものの
全体的にまとまった出来映えで、
普段通うにはもってこいの店かも。
今度は温かいラーメンも食べてみたい。


ご馳走様!


麺や 璃宮 ラーメン / 住吉駅錦糸町駅菊川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

普段使いにどうぞ♪

2010年10月24日 11:00

特別な日である。
昼食に寿司を食べることとなった。

栃木の田舎町であるが、
週末は予約で一杯との噂を聞いて
気になっていた店に
予約をお願いしておいた。

101024yamaboushi01.jpg
開店の11時少し前に到着。

すでに駐車場には何台か、
店が空くのを待っている。
どうやら七五三参りの客たち様である。

101024yamaboushi02.jpg
予約した開店11時に入店。
店内は明るく清潔感があり、
元気な掛け声で出迎えられた。

101024yamaboushi06.jpg
奥まった掘りごたつ式の座敷に通される。
ゆったりとした雰囲気で楽しめそうだ。

101024yamaboushi03.jpg
101024yamaboushi05.jpg
早速、休日ランチメニューから
店長おまかせにぎり3000円を注文。

101024yamaboushi04.jpg
寿司屋でおまかせをお願いするとき、
大抵なにか追加で頼むことにしている。
今日はメニューで気になった
穴子一本にぎり800円をお願いした。

101024yamaboushi08.jpg
101024yamaboushi09.jpg
ボリューム感たっぷりの穴子にぎりは
身が脂がのりホクホクとしている。

101024yamaboushi10.jpg
101024yamaboushi11.jpg
卵焼きは甘味を抑え、
ふっくらとした出来映え。

101024yamaboushi12.jpg
にぎりの乗った大皿が供せられると、
やや小ぶりだが一品一品が色鮮やかで、
目でも楽しませてくれる。

101024yamaboushi13.jpg
101024yamaboushi14.jpg
101024yamaboushi15.jpg
101024yamaboushi16.jpg
101024yamaboushi17.jpg
101024yamaboushi19.jpg
101024yamaboushi20.jpg
101024yamaboushi21.jpg
101024yamaboushi23.jpg
101024yamaboushi24.jpg
寿司酢は抑えめで万人受けする感じ。
ネタは江戸前のような仕事や細工は無いが、
どれもが魚介の新鮮さを強調している。

101024yamaboushi18.jpg
101024yamaboushi22.jpg
特に、ぼたん海老大トロ
口の中でネットリと旨味が広がってくる。

101024yamaboushi07.jpg
101024yamaboushi25.jpg
お通しや味噌汁は田舎風でホッとする。

101024yamaboushi26.jpg
最後にシメのカボチャプリンまで頂き、
満足の時間を過ごすことが出来た。

また、機会を見つけて伺いたい一軒である。


ご馳走様!


すし 山法師 寿司 / 北山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

SweetSweetSweet:栃木県日光・湯沢屋(2)

2010年10月23日 11:30

SweetSweetSweet:栃木県日光・湯沢屋(2)


前回の訪問録 : 2008.02.14

s-R0012173.jpg
奥日光の紅葉を撮影してまわり、
東照宮近くまで山を下りてきた頃には
すでに12時近く。

昼飯までの空腹を抑えようと、
湯沢屋酒まんを購入。

蒸し立ての生地からは酒種の芳醇な香り。
漉し餡の温かい甘味が空きっ腹に響く。

少し時間をおいて生地を硬めにしてから、
オーブンで焼いて食べるのも好きなのだが、
結局購入した三個をペロッと食べてしまいました。

日に日に寒くなるこの季節。
恋しくなる一品である。


ご馳走様!


湯沢屋

栃木県日光市下鉢石町946
電話 tel:0288-54-0038
営業時間 午前8:00~午後6:00
不定休
東武日光駅から徒歩15分





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。