スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:風雲児

2010年08月25日 12:20

麺道:風雲児


午後に予定している新宿の打合せのために、
12時前であるが昼飯を取ることに。
そうとなれば麺道に励まなければ。

今年の夏は暑かった。

どうもラーメンを食べる気力が湧いてこない。
一方で、冷やし中華という気分にもなれない。
幸いつけ麺の美味しい店が多くなり、
恋しい気持ちも高まっている。

20100825fuunzi02.jpg
ここ新宿でも有名なつけ麺屋を目指すことにした。

20100825fuunzi01.jpg
すでに店内には10人近くの待ち客。
さらに店先に5人くらいと
通りを挟んだ公園側にも2人くらいの行列があった。

つけ麺屋にしては回転は早いほうで、
15分位待って店内に入ることが出来た。

カウンター席のみの店内。
券売機で特製つけ麺をチョイス。

20100825fuunzi03.jpg
カウンター内では店員が4名、
分担された作業を手際よくこなしている。
特に店主と思われる人物の目配り気配りがいい。
その所作振る舞いはまるで、
調理を接客を楽しんでいるようである。

店員たちの機敏なやり取りを観ていて
店内で待つ10分程度はあっという間に過ぎていた。

カウンター席の真ん中辺りに座ることが出来、
細かな作業の一部始終を窺うことが出来た。
自分のところで炊いているダシの寸胴からは
動物系ダシ独特の香りが立っている。

20100825fuunzi04.jpg
さて、つゆを付けずに麺を頂く。
麺の塩味の加減がいい。
角が残った太麺はコシがあり、
これだけで十分美味しい。

20100825fuunzi05.jpg
スープはダシの旨味があふれている。
ややもするとの嫌なエグ味が残るところだが、
上手にスープを取っているようで、
甘味と旨味とのバランスがいい。
また併せている魚介系ダシが、
日本人本来のめんつゆへの記憶を
呼び起こさせるものとなっている。

また伺いたくなる一軒に出会えた。


ご馳走様!


風雲児 ラーメン / 南新宿駅新宿駅都庁前駅

昼総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

出張のキホン

2010年08月23日 20:00

久しぶりの静岡出張。

20100823umibouzu02.jpg
20100823umibouzu01.jpg
到着は20時と遅くなってしまったが、
お目当ての店で先にやっている仕事仲間と合流。

20100823umibouzu04.jpg

静岡のアテといえば魚介類はモチロンのことだが、
真っ黒のつゆに青のりの乗った静岡おでんらしい。

何もこんなに暑い夏に頼まなくてもいいのだが、
オススメとあらばやっつけておかなければ。

20100823umibouzu06.jpg

20100823umibouzu07.jpg

早々とビールから焼酎に切り替えると、
味の染みた大根が堪らない。
濃い目の味付けでこんにゃくやタマゴにも箸が進む。

20100823umibouzu05.jpg
20100823umibouzu09.jpg
20100823umibouzu10.jpg
つくねはしゃもじに大きく盛りつけられ、
その上からチーズが掛けられたもの。
これはボリュームがあるが大味になっていない。

20100823umibouzu03.jpg
20100823umibouzu08.jpg
モツ煮はワインを用いて煮込んだとのことで、
今日イチのアテかもしれない。
土手鍋を彷彿とさせる味噌味には甘味があり、
残ったつゆを白飯に掛けて食べたいほどであった。

こんな美味しいモノが待っているから、
出張が楽しいのかもしれないな。


ご馳走様!


海ぼうず本店 居酒屋 / 静岡駅新静岡駅日吉町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

SweetSweetSweet:柳屋

2010年08月21日 16:30

SweetSweetSweet:柳屋


人形町界隈は面白い店が多い。

東京ドライブ休日の午後。
20100821yanagiya05.jpg
20100821yanagiya04.jpg
久しぶりに人形町・水天宮をお参りした後、
いつも行列のあるたい焼き屋を目指す。

20100821yanagiya01.jpg
盛夏まっただ中なのに行列は20人くらいある。
これでもいつもより少ない方かもしれない。
さあ、少し気合いを入れて並ぼうかな。

20100821yanagiya02.jpg
20100821yanagiya03.jpg
待つこと15分位。
お目当てのたい焼きくんとの対面を果たせた。

20100821yanagiya06.jpg
甘味を抑えた粒餡は小豆の存在が感じられる。
しっかりと餡が入り、
食べ始めから最後まで餡と生地が楽しめる。


生地の引きの強さは独特。
他のたい焼きに比べて、
グルテン量の多い粉を使っているのか。
それともタピオカ澱粉のようなものを
配合しているのかは分からない。

この生地のモチモチとした食感は
後日になっても記憶に残り、
また食べたくなるのである。

この文章を書きながら、
また食したくなってしまった。


ご馳走様!


柳屋 たい焼き・大判焼き / 人形町駅水天宮前駅浜町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

安くて美味しい六本木

2010年08月21日 14:00

毎年この時期にはFujiFilm主催
“PHOTO IS”10000人の写真展が開催される。
東京では六本木ミッドタウンが会場となるので、
今回出展した作品を観に遊びに行ってきた。

いつもながら写真の持つ伝える力に圧倒されながら、
気がつくと昼飯にいい時間。
ガレリアあたりで安くて美味しいところをフラフラ探索。

美味しそうなつくねを置いてある店先で足が止まった。

創業昭和8年の親子丼専門店とある。
一見すると持ち帰り専門のようだが、
ちょっとしたカウンターのイートインがある。

20100821sanwa02.jpg

早速、名古屋コーチン親子丼880円を注文。
オーダーを受けてから作る様子。

20100821sanwa01.jpg
ほんの少し待っただけで供せられた丼には、
半熟でトロトロのタマゴが掛かり美味しそう。

アツアツのところを頂けば、
タマゴの甘味が濃厚でいい感じ。
鶏肉も固く仕上がっておらず、
頬張って食せる感じが嬉しい。

鶏でダシをとったスープはやや塩味が抑えめ。
旨味があり親子丼の味を邪魔していない。

あっという間の完食。
美味しい時間を楽しむ事が出来た。
さて、この後はどこへ行こうかな?


ご馳走様!


鶏三和 東京ミッドタウン店親子丼 / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


麺道:萱

2010年08月19日 12:45

麺道:萱


もう十数年も前に伺った店である。
その頃は入口は正面右側から入り、
こじんまりとした作りだったような記憶がある。

久しぶりの戸倉上山田であったが、
駅から店までは相変わらずの雰囲気であった。
20100819kaya01.jpg
ただ店の入口の場所は変わり、
一歩店内に入ると趣きのある感じになっていた。

20100819kaya02.jpg
20100819kaya04.jpg
メニューを眺めると、
ねずみ大根でおろした辛味の強い蕎麦は
メニューに無かった。
20100819kaya03.jpg
そこで黒の十割蕎麦を注文した。

20100819kaya05.jpg
ふとメニューをめくると、蕎麦屋なのにプリンが。
そば茶の香りとそば餡の味わいがいいとある。
それは試さなければ。

20100819kaya06.jpg
20100819kaya07.jpg
20100819kaya10.jpg
待つ事しばし。
店内は座敷のみで満席。
気がつくと待ち客が入口にいる状態に。
12時を少し回っていたがすぐに座れて良かった。

20100819kaya11.jpg
さて、一緒に出してもらうように頼んだプリンが来た。
表面にはカラメルが掛かっているが、
少し粒状のモノが見える。
甘味は抑えめ。
蕎麦の風味が微かに香り、
盛夏には丁度いい冷菓である。
カラメルの中の粒はそば茶のようで、
これが香ばしさを醸し出している。

20100819kaya12.jpg
十割蕎麦も程無く供せられた。
20100819kaya14.jpg
つゆを付けずに頂くとコシのあるなかなかの出来。
十割はコシを出すのが難しく、
それだけに扱っている店も少ない。

20100819kaya09.jpg
メニューにあるように紅麩塩を少し付けると、
水蕎麦ではないがいい塩梅。
さて、つゆを付けて頂けば箸が進む。
おろしたての山葵の香りが、
信州への想いを強くさせるのだった。


ご馳走様!


そば(蕎麦) / 戸倉駅

昼総合点★★★★ 4.0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。