スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気心知れた仲間と

2010年06月28日 20:30

久しぶりの和歌山出張。
前日夜には現地に入った。

そうとなれば、和歌山にいる
気心知れた仲間と飲むしかない。

和歌山は魚料理も美味しい。
ichifuji08.jpg
和歌山港のそばにある
居酒屋に集合することにした。

店内は明るく、
仕切られた個室に通されると、
のんびりと飲める空間である。

早々にビールを切り上げて、
焼酎へとスイッチ。

今宵の肴で美味しかったのは、
刺身はもちろんであったが、
ichifuji09.jpg
ichifuji01.jpg
ichifuji06.jpg
鱧の天ぷらにう巻き、豚の角煮が
焼酎と相性ピッタリであった。

ichifuji07.jpg
棒寿司で締める頃には、
様々なことを語り合えていた。

なかなか会えない仲間たちと
美味しいものを食べ、
ゆっくりと酒を交わせば、
また遠く離れても、
互いに競い合いながらも、
応援し合えるのである。


ご馳走様!


一富士


和歌山和歌山市築港3丁目34-5
TEL 073-428-3567

スポンサーサイト

麺道:蕎麦処 つゆ下 梅の花

2010年06月23日 12:30

蕎麦処 つゆ下 梅の花


群馬・高崎への出張中である。

上州はうどんが名産であるが蕎麦も美味しい。
それではと本日の昼飯は、
地元有名店の蕎麦を頂くことにした。


umenohana04.jpg
ここは元々うどん屋の敷地だったらしい。
高崎駅の近くにも蕎麦の店があるそうだが、
火事のあと立て直して、
蕎麦を出しているそうである。


umenohana03.jpg
店内は落ち着いた雰囲気。

早速、お目当ての手打ち蕎麦を注文。
今日は大勢で伺ったので1升(約1㎏)である。


umenohana02.jpg
ざるに綺麗に盛りつけられた蕎麦は、
一本一本に黒い粒が見える。
蕎麦を荒く挽き、
蕎麦殻を少し混ぜているようで、
つゆをつけずに食べればその食感が面白い。

つゆもダシが効いている。
関東ダシの持つ塩加減が
この麺と合っている。

薬味は葱のほかに、
辛味のある大根おろしも
いいアクセントになっている。


umenohana01.jpg
シメには蕎麦湯の寒天寄せ。
これまた粋である。

信州や山形の蕎麦とも違い独特の風味。
ここが近所にあれば、
ひいきにしたいところなのだが…


ご馳走様!


蕎麦処 つゆ下 梅の花


群馬県高崎市浜川町145-17
TEL 027-343-6800

麺道:花菱(3)

2010年06月14日 12:00

麺道:花菱(3)

前回の訪問録 : 2009.11.02 2010.03.16


前週の海外出張の疲れを取ろうと、
今日は平日休み。

久しぶりのラーメンが無性に食べたくて、
開店時間に合わせて出掛けた。


hanabishi303.jpg
開店10分前、店の前の椅子に座りながら、
店先の看板メニューを眺める。


hanabishi302.jpg
ふと目を移すと、
限定10食で汁無し担々麺とある。
これは試しておかないと。

開店一番乗りで着席しながら、
汁無し担々麺をオーダー。

hanabishi301.jpg
麺は、平打ちの太麺。
全粒粉で打たれた麺はコシがあり、
その食感は癖になる。

トッピングの挽肉も下味がよく、
辛味とのバランスも取れている。
やや山椒とゴマ味が足りないのが残念。

しかしながら、
いつ来ても努力が伝わる料理に
好感が持てる。
また食べに来ようっと!


ご馳走様!


花菱


栃木県宇都宮市宝木町1丁目56-1
TEL 028-621-8704

営業時間 11:30~14:00、17:30~20:30
定休日 水曜日

シカゴ出張(2):シカゴ美術館

2010年06月11日 16:30

一週間近くの米国シカゴ出張の合間に、
一日休みを取ることが出来た。

初めてのシカゴで勝手が効かないが、
やってみたいことがいくらかあった。

中でも、大好きなモネの作品が多数所蔵されている
シカゴ美術館は何としても行きたかった。

シカゴ・オヘア空港に隣接するホテルに宿泊していたので、
ダウンタウンまではTCA鉄道を利用。
色で分けられている路線のうち、
空港からダウンタウンまでを結んでいるブルーラインに乗り、
約45分間掛けて向かった。

昼食やら買物やらを済ますと16時近く。
閉館時間17時と気付き慌てて入館した。

1ドルで荷物を預かるカウンターに鞄を渡す。
カメラだけを持って、
広い館内をまっすぐとモネの作品群へと歩を進めた。

ここシカゴ美術館はフラッシュをたかなければ、
写真を撮っていい。
また毎週木曜は入館無料の日である。
これは是非日本の美術館も取れ入れてほしいところ。

以前、東京で開催されたモネ展は
ゆっくりと観ることができなかった。

しかし、閉館1時間前に入ったこともあってか、
写真をノンビリ撮ることもでき、
ゆっくりと眺めることも許され、
すべてに感動した。


幸せな時間と空間に心より感謝である!


Monet1

Monet2



現地時間2010年6月11日(日本時間10日)

シカゴ出張(1):シカゴピザ

2010年06月11日 11:00

シカゴの名物といえばシカゴ風ピザ。

シカゴへの一週間以上の出張とはいえ、
自由になる時間が少ないのは残念である。

それならばと昼飯に有名店
「Gino's East Pizzeria」をめざした。


ginos04.jpg
TCA鉄道レッドラインに乗りシカゴ駅へと向かう。
ジョン・ハンコック・センターのそばにあり容易にわかった。

開店11時すぎに入店すると、
まだ客はまばら。


ginos05.jpg
早速、メニューを見るとピザの品名の中に
店名を拝した「Gino's East Supreme」がある。

かなりの量と聞いていたので最小サイズのSmall。
トッピングはソーセージかペパロニを選べる。
ピザにはやはりペパロニ、と迷わずオーダー。

待つことしばし。
ginos03.jpg
店内は落書きOKで(トイレには禁止だそうだ)、
至る所に落書きアートとなっている。

ginos02.jpg
ginos01.jpg
別名「ディープディッシュピザ」とも言われ、
通常のパイ生地とは異なり、
やや固めのサクいケーキ生地の様である。

ピリ辛のペパロニがいいアクセントになっている。

やはりかなりのボリュームで、
結局全て食べることが出来なかった。
(もちろんテイクアウトしちゃいました)

店を出ようとする頃には長蛇の列になっていて、
人気の高さを感じたのだった。


ご馳走様!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。