スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:中華麺酒家 彩華

2010年05月19日 14:00

麺道:中華麺酒家 彩華



昼の営業時間ギリギリの14時、
駆け込むように入店。


saika kayaba001
自家製麺の看板が、
以前から気になっていた。


saika kayaba005
早速、ランチメニューの
ごまつけめん750円を大盛で注文。

待っている間に店内を見渡すと
製麺機が置いてある。
saika kayaba002
どうやら製麺室のようで、
その前には25kg紙袋に入った
強力粉が3種類置いてある。

メニューの記載によると、
注文したごまつけめんの麺は
国産小麦粉(内麦粉)を使用しているとのこと。

内麦は、膨らむ力が弱いのが欠点。
そのため、温度・水分の管理を
シビアにしなければならない。

一方で、澱粉質にアミロースより
アミロペクチンを多く含み、
モッチリとした食感が楽しめる。
たぶん、弾力感のある麺を
つけ麺として提供したいのだろう。


saika kayaba004
さて、その麺であるが、
まずはつけ汁につけずに頂く。
内麦粉で作った麺は、
コシが強く食感もいい。

つけ麺で、流行りの太麺ではなく、
やや中太に仕上げているので、
コシが強くてもモサモサしていない。


saika kayaba003
スープは、自家製のラー油を配合した辛め。
山叔の香りが面白い。

スープの器をよく見ると、
チーマー醤(芝麻醤)がかなり沈んでいる。
角切りチャーシューや
メンマとともにかき混ぜれば、
ほどよい辛さで麺をいただくことができる。

ただ、麺の上にのせられた水菜は、
彩りとしてはいいものが、
その食感には好き嫌いが分れるところか。

割りスープを足せば、
やや粗く削った節粉が
ダシの香りを引き立てる。

なかなかの完成度のあるつけ麺
出会うことが出来た。

また機会を見つけて、
訪ねてみようと。


ご馳走様!


中華麺酒家 彩華


東京都中央区日本橋茅場町2-1-12 木村ビル
TEL 03-3666-1325

営業時間 11:00~14::00、18:00~22:00
定休日 土曜・日曜・祝日

スポンサーサイト

つばめグリル 錦糸町テルミナ2

2010年05月18日 12:20

つばめグリル 錦糸町テルミナ2


乗り換えの都合上、錦糸町駅あたりで
昼飯を取らなくてはいけなくなった。
日頃、よく錦糸町駅は利用しているが、
ここには初めて入った。

店内は広めで二階席へと案内された。
良いロケーションで、
また昼時ということもあって、
店内は客であふれんばかりだった。


tsubamegurilkinshicho003.jpg
早速、つばめ風ハンブルグステーキを注文。


tsubamegurilkinshicho002.jpg
まずは、冷製の剥きトマト。
よく冷えており、完熟の甘さが気持ちいい。
ますます食欲を誘うのだった。


tsubamegurilkinshicho001.jpg
いよいよハンバーグが
ホイルに包まれた状態で供された。

アツアツのハンバーグは、
程よく焦げていて香ばしい。
お腹が空いていたということもあって、
あっという間に食べ終えてしまった。

あちらこちらでつばめグリルは見掛けるが、
便の良さから今度は夜に軽く呑むときに
利用してみようっと。


ご馳走様!


つばめグリル 錦糸町テルミナ2


東京都墨田区錦糸1-2-47 錦糸町テルミナ2 レストラン街
TEL 03-5619-7023

営業時間 11:00~22:00
不定休

麺道:平塚ラーメン

2010年05月17日 12:10

麺道:平塚ラーメン


2010.05.17


久しぶりの平日の休日。

こんな機会はなかなか無い。
滅多に行けないところで昼食を取らなきゃ。

そうと決めれば、
宇都宮で有名店となった平塚ラーメンへ。
hiratsuka004.jpg
ここ数回訪れたのだが、
その度に異常な混みようで断念してきた。

12時に到着するとすでに10組位が待っている。
hiratsuka005.jpg
ただ、11時半の開店で入った先客が
丁度食事を終えて出てくる頃で、
回転が早く20分位待って入ることが出来た。


hiratsuka003.jpg
煮玉子ラーメン750円に、
100gのチャーシュー330円を追加注文。


hiratsuka002.jpg
久しぶりに食べた印象は、
チャーシューを以前より焦がした感じ。

麺は、やや細麺のストレート。
特徴といったところは無い。

スープは、ダシの香りが感じられる醤油味。
ただ、チャーシューを食べ続けていると、
スープの味が薄く感じられるようになる。
ましてや麺の味はまったくで、
チャーシューで食感や味覚がほぼ占めることになる。

hiratsuka001.jpg
チャーシューは分厚くて約2センチ位はあろうか。
噛み続けていて感じたことは、
丼に入っているこれは肉料理の一種なんだと。
麺もスープも至ってオーソドックスで、
チャーシューがメインであることを。

以前、食べていた頃にはそれでも美味しかったが、
今日はどうも全体のバランスが悪くて仕方がなかった。


ご馳走様!

-------------------------------------------------

2005.10

ここはいつ行っても、混んでいて困りものです。
2005年に初めて行ったときはそうでもなかったのになぁ。

チャーシューはしっかりと味付けされていて、
丁寧な仕事を感じます。
一つの料理として完成されているようです。

また、麺の湯で加減もよくコシがあり、
ベチャツキ感がなくてノドごしが楽しめます。

スープは極めて透き通っていて、
それでいてダシの風味が口に広がります。

週末にフラッと訪れられる様だといいのだけれど…


ご馳走様!


平塚ラーメン

栃木県宇都宮市若草4-11-3
TEL 028-643-2278

営業時間 11:30~14:00、17:00~20:00
定休日 水曜・木曜


午後も頑張ろうかな

2010年05月15日 12:30

寿司周


土曜の午後である。

近くで開かれている学会の途中で、
昼食場所を探す。

ここは銀座といっても歌舞伎座近く。
食事をする場所は多い。
ただ、週末ということもあって
休んでいる店もチラホラ。

そんな中でランチの看板を出している
寿司屋を見つけた。
sushisyu001.jpg


sushisyu003.jpg

銀座の寿司屋というだけで敷居は高いが、
メニューによると至ってリーズナブル。

早速、テーブル席に通され、
海鮮ちらし850円を注文。

10分位待っただろうか。
テーブル席からは厨房の様子が分からない。
ただ、何かを焼く音がしている。


sushisyu002.jpg
供せられたちらしを見て納得。
鮭を炙っていたのだ。
これがまた、美味しい。
香ばしい鮭の身からは
脂が滲み出ている。

酸味を抑えた寿司飯が、
ネタの味を楽しませる。

カニの味噌汁まで付いて、
この値段は良心的。

いい店を見つけて何だか得した気分。
さて、午後も頑張ろうかな。


ご馳走様!


寿司周


東京都中央区銀座4-14-19 第2カタヤマビル1F
TEL 03-3546-7800

営業時間
[月~金]11:30~14:00、17:00~22:30
[土]11:30~14:00、17:00~21:00
定休日 日曜・祝日




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。