スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有意義な時間に必要なもの

2010年01月29日 19:30

GRILLうかい


東京・新丸ビル近くでの会合を終えて、
10名程度の会食となった。

grilukai01.jpggrilukai09.jpg
grilukai02.jpg
コートと鞄を入口で預けると、
そばに暖炉があり火が揺れている。

18時予約であったが、すでに店内には
食事を楽しんでいる先客が多数いる。

grilukai03.jpg
最も奥の長いテーブルの席に通されると、
壁で他の客の会話も視線も遮断していて、
落ち着いた空間を確保している。

黒毛和牛の炭火焼コース12600円を予約していた。

grilukai04.jpg
まずは、冷たいジュレが掛った蟹の前菜が
この後の料理を期待させる。

グラスビールで乾杯ののち、
早々にボトルワインへと切り替える。
さほど渋くない赤ワインが料理を引き立てる。

grilukai05.jpg
オマール海老とホワイトアスパラの取合せは絶妙。
食べ応えのある海老の身と対照的に、
アスパラの柔らかさが面白い。

grilukai06.jpg
牛ほほ肉のコンソメスープはひと口含むと、
旨味が十分に伝わり、後を引く仕上がり。

grilukai07.jpg
ゆったりとした時間が流れる中で、
メインの但馬種・黒毛和牛の炭火焼が供せられる。
さすがに肉質が良く、程よい霜が入った肉は
口の中で旨味だけを残し溶けていく。

黒く油で練られたような薬味が添えられた。
(写真を撮るのを失念してしまい残念)
京七味と店の方は仰っていたが試すのは初めてであった。
強い塩味だが、辛さはやや控えめ、
香りが強く、肉や添えられた野菜も
一味変化して美味しい。
機会を見つけて入手したいと密かに思った。

grilukai08.jpg
たらば蟹のリゾットもスープのダシが良く、
米のホクホクとした食感が心地よい。

grilukai10.jpg
デザートは、和栗のモンブランパフェ。
栗餡がしつこくない甘さに仕上がっていて、
中のサクサクしたフレークと相性が良い。
甘いものは別腹とはよく言ったもので、
これはいくらでも食べられる感じであった。

久しぶりのコースメニューと雰囲気に緊張気味であったが、
楽しい会話と素敵な空間、さらに美味しい料理とお酒が
有意義な時間へと変化させてくれた。


ご馳走様!


GRILLうかい


東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア2F
TEL 03-5221-5252

営業時間 11:00~14:30、17:30~22:00
定休日 丸の内ブリックスクエアに準ずる

スポンサーサイト

麺道:塩専門 ひるがお 東京駅店

2010年01月29日 13:00

塩専門 ひるがお 東京駅店


東京駅あたりで昼食をとり、
午後には丸ビルそばで仕事をすることになった。

東京駅はよく利用するが、
食べるとしたら決まって
飲み屋を利用する時間帯ばかり。

限られた時間の昼食だから、
やっぱり麺道の修行をしなければ。

丸の内側の地下街には数軒のラーメン屋があったが、
最近六厘舎などが参入してきた。
hirugao02.jpg
今回はひるがおが塩専門に出した店をチョイス。

3名の待ち客はいたが、
回転が速く数分で席に座れた。

hirugao01.jpg
外の券売機ですでに、塩らーひるがお盛りを購入注文。

カウンター席に座るものの、
厨房とはかなりの段差があり、
店員から見下ろされている感がある。
当然、厨房の作業は全くわからない。

hirugao03.jpg
5分くらいして不意に供せられたラーメンは、
透き通ったスープと盛り付けのよさが目をひく。

スープは、程良い塩味。
麺の上にのせてある魚粉がダシの香りを立たせている。
また、油はやや抑えめでしつこくない。
ゆず皮が一切れ入っていて、
さわやかな香味を付けている。

麺は、ストレート中太麺。
若干色が黒い。
全粒粉でできているのか。
ややもっさりとした食感である。

トッピングは、メンマ・刻みネギ・ふ海苔・
小エビにワンタンが2つ・チャーシュー・
煮玉子と盛り沢山である。

特に、ワンタンに入っているエビは
塩味のスープと相性がいい。

味のインパクトが弱くなりがちの塩ラーメンにあって、
なかなか完成されたものであった。


ご馳走様!


塩専門 ひるがお 東京駅店



東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート内
TEL 03-3213-7000

営業時間 11:00~22:30
無休

シュールなドラマの中にいるような

2010年01月28日 11:30

薮原十区


午後、麻布十番近くでの仕事があるため、
近くで昼食をとる事にした。

行ってみたい店がすでにあり、
楽しみに地下鉄の駅を抜ける。

店の住所を頼りに目的地を探すがわからない。
yabuharajyukku08.jpg
看板こそ無いが、どうも外から見ると、
焼き物を焼いている様子と
長いカウンターで一人の客が
食事をとっているような空間を発見。

恐る恐る入ろうと試みると、
店員が引き戸を開けてくれた。

店内はカウンター席が10と、
テーブル席が6卓×2席ずつ。
シックな空間を広く取り、
贅沢な雰囲気を醸し出している。

カウンターには先客が2人。
微妙な距離を置いており、
どちらも常連のように店員と話している。
yabuharajyukku04.jpg
店内全体を見渡せるテーブル席に独り座った。

店内にはメニューなどの掲示物が全く無く、
ランチは1000円と1500円があり、
メニュー内容も口頭のみ。
鰆の西京味噌漬け1500円をオーダーする。

店外の通りに面した焼き場で、
網にのった炭を丁寧に直しながら、
どうやら私の注文した鰆を焼きだしたようだ。

音楽も流していないため、
静かな店内に客と店員の会話が響く。
それらの内容を聞きながら、
店内を観察していること暫し。

yabuharajyukku07.jpg
焼かれた魚の切り身が出された。
こんなにも分厚い味噌漬けの魚は見たことが無い。
yabuharajyukku06.jpg
程なく、白飯・椀物・小鉢二品と
箸休めの漬物が出される。

さて、焼き魚を食べてみると、
これがまた実に丁寧に焼いたのがわかる。
塩味はやや抑え目で味噌漬けは浅めの様子。
脂の乗った鰆の皮部分も美味しい。

魚片に春と書いて鰆。
すでに春を楽しむことができた。

やや水分量を多めにして炊いた白飯も美味しい。
こだわって炊きだしたものと感じる。


けんちん汁を思わせる乱切りの野菜たちが
たっぷり入った椀物がいいアクセントである。

聞けば、ランチにはコストもあって、
国産の炭を100%使うことができないため、
焼き加減が難しいとのこと。
さらにこの分厚さであるから侮れない。

雰囲気だけ格好つけた店かと入店したときは思ったが、
いい食材と技量の高さを感じ取れて、
有意義な時間と空間を楽しめた。


ご馳走様!


薮原十区


東京都港区東麻布3-2-9
TEL 03-3589-0919

営業時間
[火~土]12:00~13:30、18:00~22:00
[月・日・祝]18:00~22:00
定休日 第3月曜日

まだまだ新年会は続く…

2010年01月26日 19:30

揚洋


もう一月も終わろうかというのに、
まだまだ新年会をしている。
今日は職場の新年会ということもあって、
かなり大勢での飲み会。

どちらかといえば、酒量よりも食べる量が
多いほうがいいということもあって、
(決して料理の質にはこだわっていない)
安い居酒屋や中華料理が中心である。

yanyan05.jpg
ということもあって、本日はJR亀戸駅から
程近い中華料理屋。

三千円のコースを事前に予約。
品数が10品とかなりのボリュームでマル。

さらに飲み放題1880円を付けても、
まだまだ別に追加注文できる感じ。

まずは生ビールで乾杯。
そこそこに場がなごんだ頃を見計らって、
飲みたかったチンタオビールを追加注文。
あっさりとした飲み口が中国出張の時を
思い出させてくれる。

yanyan03.jpgyanyan04.jpg
コースメニューの海鮮スープや
豚肉とピーマンの細切炒めは、
ちょっと塩味が強いが酒が進むから、
自然と会話も弾む。

yanyan02.jpg
メニューを見ると燻製ダックとある。
これは試してみるしかないな。
これまた、こっそりと別注文。
鴨肉の燻製のようで、北京ダックとは別の代物。
ただ、ビールにピッタリの相性!

幹事にはナイショで、フカヒレの姿煮も
こっそり食べちゃいました。
これまた安価ながらしっかりした調理。

別注文ばかりしちゃったけれど、
まあまあの値段で収まることができて、
味も値段も満足満足。
(幹事さんありがとうネ)

yanyan01.jpg
大人数でワイガヤ(ワイワイガヤガヤ)するのに
いい空間でした。


ご馳走様!


揚洋


東京都江東区亀戸5-5-6 ラポスタビル 1F
TEL 03-3685-5221

営業時間 11:00~14:30、17:00~23:00
年中無休

SweetSweetSweet:Cold Stone Creamery 佐野プレミアムアウトレット店

2010年01月23日 17:30

Cold Stone Creamery 佐野プレミアムアウトレット店


去年の今頃だったか、栃木県那須の
アウトレットにある系列店に行った。
真冬に食べるアイスクリームは、
何だか贅沢な気分になったのを憶えている。

さてネクタイが欲しくなり、
栃木県佐野のアウトレットで
バーゲンをやっているとのこと。
早速出掛けて、気に入ったネクタイを
見つけることができた。

満足できる買い物ができたせいかホッとして、
またもアイスクリームの誘惑に負けて立ち寄った。

coldstonesano02.jpg
さて10人くらいの行列に並んで待っていると、
店員がメニューを見せながら、
この時期だけいつもの料金より安くなっている
ものを紹介してくれた。

coldstonesano01.jpg
聞くと、温かいワッフルにアイスを乗せたものだという。
迷うことなくそれに決定!

coldstonesano03.jpg
「ホット メルティン ワッフル」
2種類あるうちのアップル&シナモンをチョイス。


焼立てのワッフル生地を食べると
温かいアップルやバナナが練りこまれていて
オリジナルのものだそうだ。
温かいワッフルと冷たいアイスとのバランスが良い。

また、トッピングのシナモンとキャラメルソースの香りが、
これまた生地中のフルーツと相性がいいのである。

広いアウトレットの敷地をぶらついた後、
休憩がてらに試してみてはいかが?



ご馳走様!


Cold Stone Creamery 佐野プレミアムアウトレット店


栃木県佐野市越名町2058 佐野プレミアムアウトレット内
TEL 0283-27-2148

営業時間 11:00~21:00
不定休




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。