スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:こうかいぼう

2009年03月28日 14:20

s-kokaibo01.jpg
s-kokaibo03.jpgs-kokaibo02.jpg


有明に向かう途中、このあたりで有名なお店のひとつ
「こうかいぼう」に立ち寄った。

店前には、午後2時をまわっているのに十数人の列。
待つこと20分でようやく席に座ることが出来た。

注文を取り、会計処理を行い、食後のどんぶりの片付けにと、
店員一人でかいがいしく動き回る奥さんに好感を持つ。

すでに並んでいる間に、らーめん大盛+味付けたまご+
チャーシュー1100円を注文していたので、席に座って
すぐにラーメンが供された。

スープは、かつおの風味が強く、食欲を誘う。
後味に残る微かな渋い苦味が、天然塩を
使っていることを伺わせる。
また、とろみのあるのはじっくりと煮込んだもので、
このすっきりとした旨味は、多分鶏だしから
来ているのではないか。

麺は、中太ストレート。
国産内麦を使っているのか甘味がある。
ただし、食べ終わりの頃に、内麦特有の
麺の伸びが気になった。
また、スープの分量に対して麺の量が多く、
やはり麺がスープを吸ってしまっているためと思われる。

全体的にバランスが良く、飽きの来ないいい塩梅である。
また、店主が帰り際に客ひとりひとりの目を見て、
挨拶する点など実に気持ちのいい接客が見られた。

実に惜しいのは、チャーシューが冷たいまま
のせられるため、スープがぬるくなってしまっている点である。
やはり、ラーメンのスープはあたたかいのが一番。

さっぱりと仕上げているため、他店で見られるような、
スープ表面に油層を作りスープが冷めないようにする
事をしておらず、止むを得ないところか。


ご馳走様!


こうかいぼう

東京都江東区深川2-13-10 ニックハイム深川101
TEL 03-5620-4777
門前仲町駅から徒歩8分

営業時間
[月・火・木・金]11:00~15:00、17:30~売切れ次第閉店
[土・祝]11:00~15:00

定休日 水曜・日曜

スポンサーサイト

麺道:六厘舎

2009年03月18日 23:18

rokurinsya06.jpg
rokurinsya07.jpg
rokurinsya03.jpgrokurinsya05.jpgrokurinsya04.jpg


六厘舎


東京・大崎に行く用時があり、いつかは
訪れたいと思っていた店に行ってみた。

かなり待つとは事前に聞いていたので、
11時半開店の約30分前に到着。
しかし、すでに30人近くの行列に圧倒された。
店に通されたのは実に一時間以上経ってから。

さて、あつもり(温かいつけ麺)に、
味玉と豚のせ1250円を注文。

麺は、ストレート極太。
うどんのような食感と、噛むごとに感じるたまご味。
麺単独では渋みがある。
しかし、スープと合わせると不思議と甘味を感じる。

スープは、動物系のダシを長時間煮込んで、
実に濃厚に仕上がっている。
つけ麺用のスープだから当然塩辛いのだが、
動物系のダシに後から海苔の上に乗せている
魚粉が旨味をたたせる。

トッピングのチャーシューも味玉も実に旨い。
ついでに、ナルトもかわいいのである。

更に、食べ終わったスープを店員に出し、
「スープ割り」とお願いすると、
ゆずの入ったダシで割ってくれる。

まるで、蕎麦を食べ終わった後の蕎麦湯のようだが、
柑橘の香りが魚介の香りと相まって匂い立つ。
これは実に憎いシメである。

大満足の一杯であった。
混んでなければ、何度も通うところなのだが。


ご馳走様!


六厘舎 (ろくりんしゃ)

東京都品川区大崎3-14-10
TEL 03-5434-0566

営業時間 11:30~16:30(売り切れ次第終了)
定休日 火曜日

撮影記:太郎次の滝

2009年03月15日 15:30


What did you say now ?
Originally uploaded by OSA ♪




早春の暖かい陽気に誘われて、

午後だというのにの撮影でもしようと思い立つ。

そうなると、慌てて撮影機材をまとめて出かけたのだった。


到着した頃には肌寒くなっているのに、

ひとり夢中で構図やら露出やら試行錯誤。


また、いろいろな発見ができた一日だった。

撮影記:裏磐梯

2009年03月13日 18:00


Stop time,because it wants to keep wishing!
Originally uploaded by OSA ♪




裏磐梯はまだ氷点下。

路面には雪が無く、スムーズな移動であった。



雪原に映え、妖しいまでの色彩を放つ五色沼を中心に、

ゆっくりと撮りまわながら、

自然と対峙する時間がもっと続けばいいのに、

と思い続けていた。

麺道:坂内食堂

2009年03月13日 14:00

s-bannai04.jpg
s-bannai03.jpgbannai02.jpgs-bannai01.jpg


坂内食堂


撮影のため近くまで行ったついでに、
遅い昼食を取ろうと足を伸ばして訪れた。

もう何度食べに行ったことであろう。
言わずと知れた喜多方ラーメンの代表格である。

店には14時頃訪れたのに、平日にもかかわらず
ほぼ満席で人気の高さがわかる。

いつものように肉そば大盛1000円を注文。
大盛を食べ始めてから、いつも結構量が多いことを
思い出し後悔するのである。

スープはあっさりとしていて、
佐野ラーメンと通じるものがある。
しかしながら、最後まで飽きることなく、
ダシの旨味を堪能できる。
また、この位シンプルだから、
チャーシューの味を楽しめるのである。

麺は、ちぢれ中太麺。
手打ちでコシがあり、最後まで伸びることなく
味わえる。

売りのひとつ、チャーシューがこれでもかって位
乗っていて満足満足。
柔らか味の中に、しっかりとした歯ごたえがある。
脂身が多いのに、スープの塩味とともに食べると、
いくらでも食べられるような気がする。

シンプルなラーメンが欲しい時に思い出す一杯かな。

唯一、難点を言うならば、禁煙にしてもらうと、
スープを堪能できるんだけれどなぁ…


ご馳走様!


坂内食堂 (ばんないしょくどう)

福島県喜多方市字細田7230
TEL 0241-22-0351
JR喜多方駅から徒歩15分

営業時間 7:00~19:00
定休日 木曜日(祝日の場合営業)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。