スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珠玉の輿(たまのこし)

2009年01月31日 18:00

s-tamanokoshi.jpg


珠玉の輿


両国・江戸東京博物館で開催されていた、
開館15周年記念特別展 「珠玉の輿江戸と乗物~」 に行ってきた。

江戸時代の乗物の駕籠には、
  ・一般庶民がスピーディーに移動するための早駕籠
  ・大名などがゆっくりと権威をアピールしながら進むもの
   (家の形をしており豪華)
の2種類に大別され、身分の高い女性が使用した女乗物
(一本の担ぎ棒で担ぐ乗物、こちらが主流)や
輿(こし、おみこしのように担ぎ棒が二本のもの)は、
蒔絵や金工などの細工がされて豪華なもの。

また、出展されていたものには、
・2008年7月アメリカ・スミソニアン博物館所有が確認された、
 天璋院篤姫が婚礼時に使用した乗物
篤姫の義母・本寿院所用の乗物
・第14代将軍・徳川家茂と政略結婚させられた和宮の輿
が出展されていた。

展示物の外側の細工も内側の蒔絵も実に豪華で、
細かい仕事に驚くとともに、
物言わぬ歴史の証拠として後世まで大切に残したいと感じた。



「たまのこし」の語源…
玉の輿の玉とは、江戸時代のお玉という女性のことだとする説がある。
八百屋の娘として産まれたお玉は、三代将軍徳川家光の側室となり、五代将軍となる綱吉を産んだ。綱吉が将軍となった後に、官位は従一位となったが、これは春日局の従二位すら超えており、女性としては最高位である。八百屋の娘が将軍の側室となることによってそのように登りつめたことより、玉の輿の語源はこのお玉だというものである。しかし、これは俗説に過ぎないとの意見もある。
~フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



著作権のため、実際の乗物や輿の写真は、江戸東京博物館HPをご覧ください。
また、本文章を記述するにあたり当HPを参照しています。
スポンサーサイト

SweetSweetSweet:長命寺 桜もち 山本や

2009年01月31日 17:45

s-chomeji04.jpg
s-chomeji01.jpgs-chomeji02.jpg


長命寺 桜もち 山本や


首都高向島入口が目の前であるこの店の前を、
何度となく通っていたが初めて訪れた。

老舗中の老舗、かの有名な桜もち(1個200円、
まとめ買いすると値引き有り)を購入。

以前、伊豆で桜葉の塩漬け作業を見たことがあるが、
仕込み樽は地上数メートルもある大きなもので、
中に作業者が入り、束にした桜葉を縁に沿わせて
円を描きながら置き、塩を振りかけていた。

桜の葉の香りでその時の想い出が蘇った。
三枚の桜の葉をまとった桜もちは食紅を入れない白生地。
桜葉の塩味が絶妙で、こし餡の甘味を引き立てる。

桜もちといっても、クレープ生地の様に焼いた生地は関東風で、
関西では道明寺餅(餅米生地で餡を包み込んだもの)が一般的。
ただ個人的には、この別名・焼桜の方が好きである。

結局、2個立て続けに食べてしまった。
早く春が来ないかな♪


ご馳走様!


長命寺 桜もち 山本や (長命寺 さくらもち)

東京都墨田区向島5-1-14
TEL 03-3622-3266

営業時間 9:00~18:00
定休日 月曜日




桜もちとは…
関東風(長命寺餅):小麦粉あるいは白玉粉の生地を焼いた皮で、餡をクレープ状に巻いたもの。
関西風(道明寺(餅)):糯米を蒸かして干し、粗めに挽いた粒状の道明寺粉を用いた皮に、饅頭のように餡を包んだもの。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』改編

麺道:亀嘉

2009年01月25日 12:50

s-kameyoshi02.jpg
s-kameyoshi04.jpgs-kameyoshi03.jpg


亀嘉


撮影のついでに佐野へ。
昼飯に佐野ラーメンを目指す。

本日は、評判の高い亀嘉(かめよし)へ。
13時少し前に到着するも、駐車場に空きがない。
近くの第2駐車場に停めて、店内へと入る。

待ち客が三組いたため、少し入り口で待つことになった。

そこは、麺を打つ場所が見られるのだが、
店主であろうか麺を打つ人間が、
麺打ち場でタバコをふかしている。
麺は作業台の上には無いから、
打っている最中ではないのが幸い。
ただその後も見ていると、
揉むために取り出した麺を手も洗わずに触り始めた。

もうすでに食欲はダウン。
料理人が喫煙者であろうが構わないのだが、
調理場で吸うこと、ましてや食材にタバコを持った手で
触れることは許せない。

ポカンと気が抜けているところで、回転が早く座敷に通される。
そこも周りの四組の客たちが全てタバコをふかしていた。

さて、チャーシュー麺大盛を食べてみる。

かなり塩辛いスープである。
ダシは豚と鶏で取ったのがわかるが、
醤油の味で台無しになっている。
連れの並盛りのスープを飲ませてもらうと、
程ほどのしょうゆ味でダシも利いている。
つまり、大盛を頼んだために味がバラついているのだ。

麺は、佐野ラーメン固有の手打ち麺。
まあまあか。
ただし、あの手でいじっていた事を思い出すとがっかりである。

チャーシューは、中の上。
程よく味付けされている。

店内は有名人の色紙が数多く飾っていたが、むなしい感じである。
衣服は店を出てからもしばらくタバコ臭かった。
もう訪れることはありません。


ご馳走様!


佐野らーめん 亀嘉 (かめよし)

栃木県佐野市富岡町372-5
TEL 0283-24-8775

営業時間
[月~土] 11:00~14:00 19:00~翌3:00
[日・祝] 11:00~翌3:00
定休日 木曜日

Hi,TJ! How are you?

2009年01月18日 08:31


Hi,TJ! How are you?
Originally uploaded by OSA ♪




写真を整理していて、可愛い一枚が出てきたのでFlickr!にUPした。

彼の名前は、TJ
ヨコハマは外人墓地そばにあるTOYS CLUBの看板犬である。
この老犬、実に人懐こくって可愛い。

もう数年も前から、何度かこの店に訪れているが、
その度に体をすり寄せて挨拶してくれる。
まあ、誰にでもなんだけれどね(^^ゞ
機会が合ったら、是非彼に挨拶するだけでも楽しいですよ。


デジタル一眼も持ってフラフラしていたけれど、
「この情景はNATURAで切取らないと」とふと思い、
シャッターを切ったものでした。

なかなかのタレ具合はいい感じでしょう♪

今日の撮っておき『ひとときの芸術作品』

2009年01月14日 00:44

Artistic production between hilts


今日の撮っておき『ひとときの芸術作品』



今回のFotologue作品

寒さ厳しくなると現れる、川の水の飛沫で出来た芸術作品


指が痛くなるほどの環境でも、

こんなにも美しいものたちが待っているから

いつもフィールドに居たいと思います



My HOMEPAGE 『gentle*time』とともにヨロシク♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。