スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:ふうふう亭

2008年09月21日 14:15

FUFU3.jpg
FUFU4.jpg


ふうふう亭


那須方面のドライブついでに、昼食のラーメン店を探索。
今回、塩ラーメンの美味しいと前評判の高い店をチョイス。

東北道那須ICから車で15分くらい、やや店の位置はわかりにくいが、
通り沿いの第2駐車場を見つけお店に到着。
日曜の午後2時過ぎにもかかわらず、3家族が待っていた。

10分くらい待ったところでようやく席に座る。
お目当てのねぎ塩チャーシュー麺・えび油のせ中盛り
(麺が通常の1.5倍量)をオーダー。

店内は小さい子供連れの家族が4組位居て、回転の悪さを感じたが
地元のラーメン店としては仕方ないところか。
むむ、接客するホール担当の女性2名のあまりの手際の悪さが目立つ。
段取りが悪く、テーブル席1つが片付けられないまま洗い物の山。
カウンターが空いているのに、一人客をテーブルに座らせるから、
私の後の客3組は20分くらい待つ始末。
ラーメンに対してセットもののメニューを組むから、更に客の回転は悪くなり、
私が単品で頼んだラーメンは結局20分後に出てきた。

ラーメンそのものは、
えび風味の効いた塩スープは東京「八島」に似ている。
手打ち中太麺がスープをしっかりからめており箸が進む。
ネギとゴマのトッピングとの相性もいい。
チャーシューは2枚、実に柔らかく美味しいがまあまあありがちか。
最後までスープを飲んでみると、黒コショウの量にビックリしてしまった。
この塩辛いスープに、この香辛料の多さはバランスを無視しているようで
改良の余地がある。

追記すると、ラーメン店での喫煙はスープやトッピングの味を楽しんでいる
者にとって、迷惑この上ない。

ラーメンはまあまあの仕上がりなのに、それ以前として回転の悪さ、
手際の不備、タバコの煙、家族客の多さから雑然とした環境、
どれをとっても食事を楽しむ場所の提供をしている側は、少し考えたほうが
いいのではないか。


ご馳走様!


ふうふう亭

那須塩原市春日町121-140
TEL: 0287-64-2205

営業時間:11:30~21:00、日曜日・祝日は、20:00まで
定休日:木曜日

スポンサーサイト

麺道:イタリア軒 本店

2008年09月17日 11:30

italy4.jpg


イタリア軒 本店


久しぶりの静岡に出張。
美味しいラーメン屋は?と検索して、静岡駅から歩いて15分くらいのお店を発見。
チャーシューが売りとのことで、期待しつつ到着。

店には11時半頃に到着。
不思議な外観に、不思議な店名?
店内の雰囲気は、古い喫茶店の様で?

italy1.jpg

さて、お目当ての手打ちチャーシュー1250円を注文。

italy3.jpg

来ました、来ました、分厚いチャーシューが5切れも乗ってます。
焦げ加減も絶妙で、程よい柔らかさに下味もしっかり付いていています。

トッピングに、ワカメとキノコも。
どちらも香りがたつとラーメンの風味を壊すかもしれないもの。
実際、醤油風味の邪魔をしていて?

つぎは醤油味のスープ。
濃い味付けでダシの味が消されてしまっています。
勿体無い。

麺は極太手打ち、佐野ラーメンに通じるものがあります。
スープとの相性が?
麺を食べていても、スープの濃い醤油の味が邪魔な感じ。

佐野ラーメンのように、薄味だけれどダシ風味のほうが、
手打ち麺にはあっていることを改めて実感しました。

クエスションが多い店でしたが、チャーシューを楽しむなら
まあまあオススメといったところでしょうか。


ご馳走様!

イタリア軒 本店

静岡県静岡市駿河区八幡3-20-27
054-288-6371

営業時間 11:00~14:30 18:00~21:00
定休日 日曜日

麺道:中華第一家 杜記(とき)

2008年09月14日 21:00

s-CA380010.jpg


中華第一家 杜記(とき)


横浜ドライブで遊んだあと、気がつけば21時過ぎ。
いろいろ思案した挙句、やっぱり「麺道」に刀削麺を書か加えなければと、
中華街へ向かう。

中華街大通り~関帝廟通りの間、細い路地に位置する杜記
外に垂れ下がる刀削麺の看板が目印。

s-CA380008_20080915151711.jpg
カウンターに座り、牛肉麺&水餃子を注文。

目の前で麺を削りだすと期待したが、すでに用意してある麺をざるカゴで
茹ではじめたのには少し興ざめしたけれど。
(後からオーダーした人の分は削りだしていた)
s-CA380012.jpg

出された麺やスープは、この間無錫で食べた味に似ていて文句なし!
辛味もほどぼとで、香草との相性もいい。
トッピングの肉も程よい食感と、香味が十分についている。
麺はモチモチだけれど、食べ終わるまで溶けるようなことは無く、
麺のコシを堪能できる。

s-CA380013.jpg

一方、水餃子は味付けに用いられている薬味が独特で、酸味との
バランスからみて好き嫌いが分かれるところ。

中華街の中で、麺をササッと食べるにはいいお店である。


ご馳走様!


中華第一家 杜記 (トキ)

神奈川県横浜市中区山下町138-14
TEL 045-226-1090

SweetSweetSweet:番餅 重慶飯店

2008年09月14日 14:00

s-CA380014.jpg
s-CA380016.jpg



重慶飯店 第二売店


中華街に行くと、決まってナッツのぎっしり詰まった月餅を買うことにしている。
当たり外れが無いようにと、最近は重慶飯店のものばかりだが。

今日も重慶飯店に入ってみると、店先に「番餅」が山積にして置いてある。
ついつい試食してみると、これが美味しい。
エンドコーナーに置き、試食サービスまでするのだから、ここ一番で
売り出ししようとしているのだが、その手に乗ってしまった。

トッピングのクルミとチーズの粉が黒餡と相性バッチリ!
中の餡は油っぽさもなく、後味は中華菓子特有のしつこさは無かった。
食感を楽しみながら食べられるのが嬉しい。

結局、家に帰ってあっという間に食べてしまった。


ご馳走様!


重慶飯店 第二売店

神奈川県横浜市中区山下町147番地
電話 045-662-5490

昼食:謝甜記

2008年09月14日 13:20

s-CA380003_20080915130437.jpg


謝甜記


中秋の名月を見たくて、横浜までドライブに出かけました。

昼食は少し遅い午後1時過ぎ、中華街ではおで有名な謝甜記へ到着。
(他にも中華粥のお店はあるけれど、ここのがクセも無く食べやすい)

いつものように外には長い列(今回は少ないほうで、10人くらいだったかな)。
数十年前、横浜に住んでいる頃は、混んでいる店といったイメージは
なかったのに、マスコミに取り上げられてからは食べるのに一苦労。

豚肉683円と油条(ヤオチャッカイ)158円を注文。

今では、ひとまわり小さいどんぶりに入って出される中碗のメニューも
あるのかぁ…、なんて思いながら待つことしばし。

s-CA380006.jpg
s-CA380005_20080915130446.jpg

ネギ・生姜と香草の香りが中華粥の特徴。

更に、中国版揚げパン(以前、アモイの屋台で食べたが素朴でいい)の油条を
に付けて食べるのが通。

といいながら、やっぱりアツアツのうちに召し上がることが一番かな。


ご馳走様!


謝甜記 (シャテンキ)

神奈川県横浜市中区山下町165
電話045-641-0779

[平日] 10:00~15:00 16:30~20:30
[土曜] 10:00~21:30
[日・祝] 10:00~20:30

定休日 火曜日

麺道:博多 うま馬 東京駅店

2008年09月11日 12:30

s-CA380002.jpg


博多 うま馬 東京駅店


東京駅八重洲北口キッチンストリート1階にあるラーメン店。

平日の12時に入ったが、ガラガラ…
以前、飲んだ帰りに食べた時は込んでいたのだか。

うま馬ラーメンを注文。

あれれ~まったくダシの風味が立っていない。
塩味はするがスープタレの味ばかり。
本当にダシを取っているのか疑問?

胡麻で更に味がごまかされている(シャレている場合ではない)し、
化学調味料・グルタミン酸Naも大いに感じる。

麺は、平打ちの中太麺。
これまた九州ではお目にかからないベタツキ。
モチモチベタベタの食感は、まるでうどんの様である。

どれひとつとして褒めるところがなく、
空しい時間を費やしてしまった。


ご馳走様!


うま馬 東京駅店 (うまうま)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。