スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真

2008年05月25日 20:00

s-diary_4_1_817250401_192.jpg


写真は、瞬間を切り取り、時間を永遠のものにする。


写真は、時を越え、空間を越えて、想いを共有できる。



だから、これからも、僕は撮り続ける。
スポンサーサイト

HP『gentle*time』  鹿沼・大芦渓谷の写真アップしました!

2008年05月25日 14:00


Fresh feelings of spring
Originally uploaded by OSA ♪

写真をクリックすると、Flickr!にアップした写真も楽しめます♪



4月29日撮影、栃木県鹿沼・大芦渓谷の写真を数点アップしました。



この日は、渓流釣りの解禁に伴い、釣り人たちを見かけることが多かったです。

しかし、大芦渓谷の奥深くにある大まで訪れる者は少なく、自然に身をゆだねる様に撮影できました。

春の日差しが優しく、気持ちが洗われていくのが感じ取れました。

麺道:東京上野・麺屋武蔵 武骨

2008年05月20日 19:30

musashi3.jpg

musashi1.jpg musashi2.jpg



麺屋武蔵 武骨


久しぶりに有名どころを。

ここは御存知「麺屋武蔵」の系列店。
L字型カウンター席だが実に狭い。

早速、黒武骨味玉チャーシュー麺1250円を注文。
(入口で食券を買うシステム)

2センチ以上の厚みはあるチャーシュー、やわらかく煮込まれいる。
また自製メンマときくらげ、万能ねぎがのる。

ストレートの太麺も存在感を出張する。

何と言っても、スープは特筆すべきものである。
本店と違い、豚骨ベースに魚介系を合わせている。
また、表面は真っ黒になっているが、これはスミ油と呼んでいるイカスミ油+マー油によるもの。
イカスミの生臭さは感じられない。
また、熊本ラーメンに多用されるマー油は、ひと口飲んだ後に香ばしさを強く感じさせる。
黒い表面の下にある白濁スープは、コクがあり喉ごしも良い。

具材・麺・スープどれもが存在感があり、最初のひと口から実にキャッチーだが、後半は飽きがくる。
つまり、ふと食べたくなり何度も通うようなもので無いのは、仕方ないといったところか。


ご馳走様!


麺屋武蔵 武骨

東京都台東区上野6-7-3
電話03-3834-6528

営業時間 11:30~20:00(スープがなくなり次第閉店)、無休


麺屋武蔵 武骨 (めんやむさしぶこつ)

SweetSweetSweet:東京駅グランスタ・フォルマ帝塚山

2008年05月18日 04:24

s-FORMA1.jpg

s-FORMA3.jpg



チーズケーキ専門店フォルマ帝塚山


東京駅地下街グランスタチーズケーキ「カールスルーエ」を購入。
5号台(直径15センチ)1500円

配合の1/2がチーズだそうで、ベイクドチーズケーキなのに実にクリーミー。
香料や果汁、ジャムなどを加えていないため、素朴な味でコーヒーにぴったりでした。


ご馳走様!

フォルマ帝塚山 東京駅グランスタ

HP『gentle*time』  日光・湯滝~竜頭の滝の写真アップしました!

2008年05月12日 21:00


Rain of spring wets the waterfall
Originally uploaded by OSA815

写真をクリックすると、FLICKRにアップした写真も楽しめます♪


4月19日撮影、
栃木県日光・湯滝~竜頭の滝の写真を数点アップしました。


気温は3℃、冷たい雨が降る中での撮影。

雨に濡れてしっとりとした樹木が彩りを添え、
人影はほとんど無くゆっくりと向き合う事ができました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。