スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SweetSweetSweet:栃木県鹿沼・和菓子処 小太刀

2008年02月27日 10:54

s-kodachi-3.jpg
s-kodachi-2.jpg s-kodachi-1.jpg



和菓子処 小太刀(こだち)


昭和六年創業、昔ながらの和菓子と創作菓子が数多く並ぶ。

まずは、人気と言われている「秀クリーム」160円を購入。
夕方には売り切れてしまう人気商品だそうで、午後2時前に行った時にはあと4個のみであった。

シューパフはビスケット生地をベースとしたもの。
そのサクサク感はおもしろく、最近のシュークリーム専門店でよく見られる。
ソボロと呼ばれるスポンジを、シューパフにまぶしてから焼く事で、このソボロが更に、サクサク感のアクセントをたたせる。

この生地は水分量を抑えたものであるため、あらかじめクリームを充填しておくのでは吸湿してしまい、その食感を楽しめない。
そのため、注文を受けてからクリームを充填することになる。

クリームは内容成分表示に添加物の香料が見当たらない事から、バニラビーンズと洋酒で風味付けを行っていると推察。
カスタードクリームと生クリームをだき合わせたクリームは甘みを抑えており、乳風味がしっかりしながらも実に爽やかな仕上がりとなっている。

バリエーション豊かな品目の中で、次回は半熟プリンを食べようっかな。


ご馳走様!


和菓子処 小太刀

栃木県鹿沼市東末広町1073
TEL:0289-62-3049
営業時間 9:00~19:00 (秀クリームは10時~クリームが無くなり次第終了)  
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)

スポンサーサイト

麺道:栃木県鹿沼・安喜亭支店

2008年02月24日 22:39

s-yasuki-2.jpg
s-yasuki-1.jpg s-yasuki-3.jpg



安喜亭(あんきてい)支店


昭和元年創業、約70年続くお店だそうです。
元祖「豚そば」が人気メニューとのこと。

店の外からは中があまりわからないため、空いているとたかをくくって入店。
驚く事に日曜午後1時過ぎにもかかわらず満席、ご老人から若者までが合い席で座っています。
なんでも、近くに大型のホームセンターができて、今まで以上に混む様になったそうです。

早速、豚そば700円を食すことに。

自家製のストレート細麺。
素麺を連想させるほどのコシの弱さ。
なるほど地元の年配の方向けなんですね。

スープはあっさりとした醤油味。
魚介系のダシの香りが後味で優しく感じられます。

トッピングは、豚肉と野菜の炒めたあん。
豚肉とキャベツ・モヤシ・タマネギ・タケノコ・キクラゲ・グリーンピースを、中華料理特有の火力強めでサッと炒め、片栗でトロ味を付けた物。
ラーメンのトッピングに、柔らかくふやけ水が出ているキャベツやモヤシは好きでないのだが、これはしゃきしゃきとした食感で楽しい。

醤油スープに、少し酸味とトロ味をつける形となり、細麺ながら麺とスープがよく絡むのは狙いなんだろうと感心。

サンマー麺にも似ているがオリジナル性があり、素朴な優しさとどこか懐かしさを感じる味だった。


ご馳走様!


安喜亭支店

鹿沼市天神町1838
TEL:0289-62-3441
営業時間:11:00~19:00、16:00~17:00(休憩)
定休日:金曜日


安喜亭 支店 (あんきてい)

麺道:栃木県宇都宮・支那そば彩華

2008年02月23日 10:00

s-saika-4.jpg
s-saika-3.jpg aika-1.jpg


支那そば彩華(さいか)


今回も塩ラーメンをご紹介。

ここの女主人は、藤沢・支那そばやの店主佐野実氏のもとで修行。
平成10年に開店したお店で、宇都宮の外れであるが人気店のひとつ。
特徴は全国各地から取り寄せたこだわりの食材を使っているとの事。

この店で一番人気の塩ネギワンタン850円を注文。

スープであるが、名古屋コーチン丸鶏とガラ・栃木しゃも・和豚もちぶたなどを用いている。
また沖縄産粟国の塩という天然塩を用いており、角がない塩味が優しい。
ラーメン」という料理の持つ、「スープ料理」の側面をよく表わしている。

麺もこだわっているそうで、国産小麦に内モンゴル産天然かん水100%用いているとの事。
自家製のストレート細麺は、もちもちした食感とコシがあった。

トッピングのワンタンにもコーチン挽肉と生桜海老を用いているとの事。
チャーシューもやわらかく、みじん切りに切ったネギをスープを汚さないように丸るて乗せてある。


さて評価であるが、スープの塩味加減が弱い。
ダシの風味は感じるのだが。
塩加減はすべての料理の基本であろう、いい「塩梅」でないのである。
さらに、ゆでた麺を丼に入れた後のほぐしが無いため、湯切りの甘さと相まって、麺を食べ進めるうちに、更にスープの塩味が無くなっていく。
結局、途中で胡椒を掛けてしまった。
(なるべく店が作り上げたままを食べたいため、調味料は掛けない主義なのだが)


また、こだわりの食材だが、ワンタンや天然塩を用いたスープなど、以前紹介した海老ワンタンのお店「八島」によく似ている。
にもかかわらず、味への丁寧さはレベルに差が見られたのは残念であった。


ご馳走様!


支那そば彩華

栃木県宇都宮市針ヶ谷1-21-6
最寄駅 JR宇都宮線雀の宮駅車5分
TEL 028-655-7578
営業時間 11:00~14:30、17:30~21:00(スープがなくなり次第終了)
定休日 火曜・第1水曜


彩華 (さいか)

SweetSweetSweet:栃木県日光・西洋料理 明治の館

2008年02月21日 16:29

s-nirubana-3.jpg
s-nirubana-1.jpg s-nirubana-2.jpg



ニルバーナ


チーズケーキの名前である。
仏教用語の「最も優れたもの(=悟りの境地)」である「日瑠華」から、その名が付けられたそうである。

東武日光駅を出て右手に向かってすぐのところにある「明治の館ケーキ・ショップ日光店」で購入(大2625円、小1575円)。
他にも、ケーキ、タルト、クッキーなどがあり、2階喫茶で食べることも可能である。

購入するだけだったので、東武日光駅とJR日光駅の間にある市営駐車場に駐車して購入した(30分以内であれば駐車料金は無料)。

サワークリームとクリームチーズケーキの二層。
市販の冷蔵して固めるタイプのチーズケーキのようなものと、想像しながら買ったのだが大違い。

実になめらかできめ細やかな舌ざわり、コクのあるクリーミーな風味である。
デンマークの最高級チーズををふんだんに使った逸品。

栃木県民の中には、このケーキは特別な時に食べるとも聞いたことがある、納得。


ご馳走様!


西洋料理 明治の館


 栃木県日光市松原町4-3
 TEL 0288-54-2149

明治の館 ケーキショップ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。