スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンターがお薦め

2011年06月22日 19:00

18時を過ぎたばかり。
今宵は茅場町あたりで。

早い時間からのスタートができるということもあって、
取っておきの店に向かった。

それでも店内には二組の客がすでにやっていた。
連れと二人だったのでカウンターの一番端を確保。

20110622uratoku○01
20110622uratoku○02
焼きに多少の時間がかかるだろうから、
せせりやぼんじり、つくね、皮といった
好みの焼き鳥をまずはオーダーしておく。

20110622uratoku○09
20110622uratoku○07
ねぎぬたや銀杏の素揚げなどの軽い肴とともに、
生ビールでスタート。

ここは通りに面している鳥徳の裏手。
だからURA徳という名称なのだが、
そんなこともあって店構えは目立たない。
それにもかかわらずもう何年も前から通っているが、
いつ訪れても賑わっている。

20110622uratoku○03
20110622uratoku○04
20110622uratoku○08
もちろん鶏料理が美味しいのは当たり前かもしれない。
しかしながら、ここの売りはもう一つ。
珍しい日本酒が数多くあり、
いつ来ても驚きとともに、
その研究熱心なところに感心してしまうのである。

20110622uratoku○10
20110622uratoku○06
20110622uratoku○05
20110622uratoku○11
20110622uratoku○12
20110622uratoku○13
今宵も小左衛門を数種類出してもらった。
いずれも切れ味がよく、
どれもが味わいが異なり
鶏料理に合うのである。
日本酒の奥深さとその遊び心を堪能できる。

是非、そういった飲みをしたければ、
ここではカウンターに座ることをお薦めする。

20110622uratoku○14
シメはアツアツ・ウマウマの鶏雑炊で。

いい酔い心地で店を後にしながら
また機会を見つけて遊びに来たいと思うのだった。

ご馳走様!


茅場町 URA徳 焼き鳥 / 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅

夜総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

話を弾ませるもの

2010年10月13日 19:30

今宵は人形町に程近いところで、
他社の方々と一杯。

こういった席で共にすると、
打ち解けた雰囲気の中で
仕事で付き合った顔と違う面が見られ、
新たな発見がある。

さらには美味しい酒と肴があれば尚いい。

101013kokoro01.jpg
101013kokoro02.jpg
集合場所の飲み屋には18時半頃に到着。
明るい店内で隠れ家的な飲み屋。

101013kokoro05.jpg
101013kokoro04.jpg
101013kokoro06.jpg
特徴のあるアテは無いものの
煮付けた野菜やサンマの塩焼きなど
懐かしい家庭料理の味。

101013kokoro03.jpg
刺身の盛り合わせも
目を楽しませ箸も進む。

生ビールでスタートするも、
日本酒やら焼酎やら種類が
そこそこにあるのを見つけ、
このアテならばと早々と切り替え。

気がつけば、いつものように焼酎のお湯割り。
おやじたちの語らいも絶好調。

単なる仕事の付き合いも大切だが、
人間的な触れあいが加味されると
貴重な財産になる。

ほのぼのとした雰囲気で、
ゆっくりと過ごせる時間を頂けた。


ご馳走様!


家庭創作料理 こころ 居酒屋 / 水天宮前駅浜町駅人形町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

信州の春を想いつつ

2010年05月04日 11:20

松葉屋本店


遅い春を迎えた信州小布施
景観を大切にするこの町には、
いくつもの老舗がある。

のんびりとブラブラしていると、
一軒の老舗酒屋の煙突が目に入った。
s-matsubaya004.jpg
思わず近くまで寄って写真を撮った。


s-matsubaya001.jpg
s-matsubaya002.jpg
折角だからと暖簾をくぐると、
棚にはいくつもの地酒がきれいに並んでいた。


s-matsubaya003.jpg
中でも、白く濁った瓶が目を引いた。
純米吟醸の文字。
迷うことなく早速購入し、信州のお土産に。


要冷蔵とのことで、
自宅に戻ってから冷やしてから頂いた。

一口含むと、期待通りのざらつき。
のど越しはまるいのだが、やや辛口。
後味はすっきりとした切れがある。


遠く信州の春を想いつつ、
白く濁った瓶はあっという間に空になった。


ご馳走様!


松葉屋本店


長野県上高井郡小布施小布施778
TEL 026-247-2019

営業時間8:00~18:30
年中無休

おやじたち、語り合う

2009年11月16日 21:00

海鮮魚市 鮨乃家 茅場町店


東京は茅場町、証券街のそばには
いくつもの飲み屋がある。

sushinoya01.jpg
ここもそんな一軒。

さて、今宵も明日のために、
オヤジたちは語らうのであった。

sushinoya02.jpgsushinoya03.jpg
早く出せるお通しを頼み、
生ビールでスタート。

sushinoya04.jpg
カレー粉の掛かったぼたん海老の素揚げで、
会話にも勢いがつく。

sushinoya06.jpg
秋を楽しむために、揚げ銀杏をつまむことに。
やっぱり日本酒だよなぁ。
寒風が吹くこの頃、熱燗に切り替えよう。

sushinoya05.jpg
寿司屋だから、刺身盛合せも上々。

sushinoya07.jpg
待ってました、鮪かま。
もうこの頃には、熱燗も3本目に突入。
脂がのった身は日本酒にピッタリ。

sushinoya08.jpg
最後に、いくつか握りをつまんで終了。
あなごの一本握りは、
その中でもオススメの一品だった。

美味しいものたちの余韻を楽しみながら、
議論を冷ます帰路についたのでした。


ご馳走様!


海鮮魚市 鮨乃家 茅場町店


東京都中央区日本橋茅場町2-8-4 全国中小企業会館B1
TEL 03-5642-3409

営業時間 [月~金]11:30~15:00、17:00~23:00
[土]12:00~22:00
定休日 日曜・祝日




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。