スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺道:めとき

2011年07月12日 12:45

麺道:めとき


新大久保での業務を終えて昼食をとることに。

このあたりは韓国料理が多いのだが、
そんな中で中華麺の有名なところがある。

すでに12時半をまわっていた。
「こんな炎天下で待つのは嫌だなぁ」
と思いながら、駅前の大通りから
路地を少し入ったその店へと向かった。

20110712metoki○01
20110712metoki○02
店は昔ながらの中華麺屋の作り。

店外に5人ほどの行列が出来ていたが、
このくらいであれば並ぶにも問題ない。
15分も待たないで店に入ることができた。

20110712metoki○05
店内はカウンターのみの作り。
厨房では店主が一人で全てを切り盛りしている。

メニューもいたってシンプル。
中華麺か、中華麺小盛りの二種類のみ。

20110712metoki○04
早速、中華麺を頼み、
厨房の様子を眺めていた。

どんぶりに瓶に入ったスープ醤油を入れる。
寸胴に入ったスープで割る。
その間、麺を茹であげて盛りつける。
分厚く切ったチャーシューと、
挽肉を絡ませた自家製のメンマをトッピング。
この一連の作業を淡々とこなしているのだが、
無駄な動きが無い。

20110712metoki○06
麺は、やや細めでやや縮れたタイプ。
かん水の配合が高いのか、
やや黄色味がかっていてコシは強い。

20110712metoki○07
一方のスープは、魚介ダシの味わいがかなり強い。
醤油味のラーメンは往々にして醤油に頼り、
ダシ感が弱くて好きでないものがある。
そんな中でこの一杯は非常に旨味が立ち、
飲み終わった後の旨味・甘味の切れがいい。
麺との相性も良く絡み具合も妙。

20110712metoki○03
やや塩味の強いチャーシューやメンマ。
この主張は好みの分かれるところかもしれないが、
醤油味のスープを壊していない。

全体的に完成された醤油ラーメンであり、
久しぶりに唸ってしまう一杯に出会えた。


ご馳走様!


めとき ラーメン / 新大久保駅大久保駅東新宿駅

昼総合点★★★★ 4.5

スポンサーサイト

麺道:瀬佐味亭 虎ノ門店

2011年06月10日 12:30

麺道:瀬佐味亭 虎ノ門店


胡麻好きの私としてはこの店名に誘われてしまった。
店内は満席、待ち客は5名と賑わっている。

20110610sesamitei○01
20110610sesamitei○02
店内は、明るく清潔感のある雰囲気。
待つこと10分で座ることができた。

早速、一番人気と謳っている金の坦坦麺を注文。

20110610sesamitei○04
意外と早く供せられた一杯は、
炒りたての胡麻のいい香りが立ち上っている。

スープは胡麻風味が強く、芝麻醤の甘味もいい。

一方の麺であるが細めのストレート。
コシが弱く、またスープの絡み方も少ないのが残念。
どうもスープとの相性はイマイチといった感が残る。

20110610sesamitei○03
折角の胡麻の香りを楽しむにしては、
パクチーをふんだんに入れるのは
好き嫌いの分かれるところ。
入れるか入れないか客の好みに合わせる方がいいかも。

全体的にはまあまあの出来であるが、
もう一回食べたいと思うものではなかった。


ご馳走様!


瀬佐味亭 虎ノ門店ラーメン / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

麺道:元祖 札幌や

2011年06月08日 12:30

麺道:元祖 札幌や


20110608sapporoya○01
20110608sapporoya○02
変わった札幌ラーメンがあると教えてもらい、
早速伺ってみた。

店内もメニューも至って普通。
どこが変わっているのかわからないまま、
味噌ラーメンを注文。

20110608sapporoya○04
厨房が見渡せる席に座り、
甲斐甲斐しく調理をしている様子を眺めていた。

ふと疑問が湧いた。
どんぶりに入れているスープの色が白い。
豚骨スープのようである。
メニューを改めて見直したが、
どうもそれらしいものがない。

20110608sapporoya○03
程なくして供せられた一杯。
やはりさっきの白いスープが入っていた。

急ぎスープを味わってみると甘い。
白味噌のスープで有ることがわかった。

そういえば以前札幌に行く途中、
立ち寄った札幌ラーメン店のメニューに、
赤味噌と白味噌を選ばせる店があった。
白味噌を使った店は今までにその一軒だけだったが、
その時のことを思い出した。

麺はかん水を多く含む札幌ラーメン独特の
黄色味のあるコシの強いものである。

一方、このスープとの相性には疑問が残った。
慣れもあるのだろうけれど、
私にはやはり多少辛味がある赤味噌がいいかな。


ご馳走様!


元祖 札幌や ラーメン / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

麺道:香港麺 新記 虎ノ門店

2011年06月06日 12:30

麺道:香港麺 新記 虎ノ門店


久しぶりの麺道である。

20110606honkontei○06
虎ノ門での昼食場所をさがす際に、
ここの行列がいつも気になっていた。

週初めの月曜。
20110606honkontei○02
いつもより出足が悪いのか、
列はなくてすぐに座ることができた。

早速、日替わりのランチをオーダー。

20110606honkontei○01
麺は二種類選べるようで、
日本麺と香港麺とある。

店名にもある香港麺って何だろう?
ただ、麺の種類の説明を探したが、
メニューには載っていなかった。

20110606honkontei○05
やはり店先の提灯の文字「香港麺」が気になり、
香港麺をチョイスした。

待つこと数分。
20110606honkontei○03
あっという間に付け合せのチャーハンが供された。
味はいたってシンプル。
角切りのチャーシューが入っているなど、
上品さが感じられた。

20110606honkontei○04
さて、ラーメンであるが気になる香港麺をひとすすり。
実に細い、いわゆる細麺のたぐい。
それゆえ茹で上げの時間が短いから、
供されるまでが早かったのだろう。
こういった細麺はコシが無くて好みでないため少し残念。
なるほど、香港麺とはこういったものなのか。

スープは白湯のようにやや白身がかった透明。
塩味はやや強く、旨味も強い。

具材にはエビを使い、塩味の強いスープとあっている。

全体的には食べやすくまとまったものであったが、
麺が好みとは異なっていたためやや残念であった。
次回は日本麺でトライしようかな。


ご馳走様!


香港麺 新記 虎ノ門店中華料理 / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。